「トヨタ・ウィッシュ」の燃費が向上

2010.04.19 自動車ニュース

「トヨタ・ウィッシュ」の燃費が向上

トヨタ自動車は2010年4月19日、「ウィッシュ」に一部改良を実施し、同時に特別仕様車を設定して、同日発売した。

今回改良を受けたのは、1.8リッターエンジン(144ps)搭載の「1.8S」FFモデル。メスが入れられたのはバッテリーやオルタネーターなどの制御系で、これにより10・15モード燃費は従来より0.4km/リッター改善。16.4km/リッターを達成した。

結果、排出ガス性能が「平成22年度燃費基準+15%」から「+25%」レベルに向上し、“エコカー減税”の減免率が50%から75%にアップした。

「1.8S」(FF)の価格は、209万円。

同時に特別仕様車「1.8X HIDセレクション」が設定された。同モデルは、ベーシックグレード「1.8X」をベースに、ディスチャージヘッドランプ(プロジェクター式ロービーム・オートレベリング機能付き)やコンライト(ライト自動点灯・消灯システム)、運転席・助手席アームレスト、本革巻き(シルバーステッチ)のステアリングホイールやシフトノブなどを採用。ボディカラーは特別色ブラッキッシュレッドマイカを含む全5色が用意される。

「1.8X HIDセレクション」の価格は、188万円(FF)と207万9500円(4WD)。

(webCG 曽宮)

特別仕様車「1.8X HIDセレクション」。
特別仕様車「1.8X HIDセレクション」。
拡大

関連キーワード:
ウィッシュトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アルファード ハイブリッド/ヴェルファイア【試乗記】 2018.2.6 試乗記 マイナーチェンジが施された、トヨタの高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に試乗。デザインのみならず、エンジンやシャシーにまで手が加えられたその仕上がりは、圧倒的な商品力のさらなる強化を実感させるものだった。
  • トヨタ・アルファード エグゼクティブラウンジS(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.16 試乗記 あたりを払うかのような見た目の迫力と、使い勝手に優れた装備で人気のミニバン「トヨタ・アルファード」がマイナーチェンジ。2列目が“主役”のトップグレード「エグゼクティブラウンジS」に試乗し、最新型の出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・ヴェルファイアZG(FF/8AT)【試乗記】 2018.3.9 試乗記 トヨタのフラッグシップミニバンとして、根強い人気を誇る「アルファード/ヴェルファイア」。極東の自動車大国・ニッポンで、コワモテの四角い高級車がここまで支持を集める理由とは何か? その文化的背景と、高級ミニバンの歩むべき道について考えてみた。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
ホームへ戻る