クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4615×1835×1405mm/ホイールベース=2640mm/車重=1730kg/駆動方式=FF/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ(230ps/5000rpm、32.6kgm/1500-5000rpm)/価格=549.0万円(テスト車=589.0万円)

ボルボC70 T5 GT(FF/5AT)【ブリーフテスト】

ボルボC70 T5 GT(FF/5AT) 2010.04.19 試乗記 ……589.0万円
総合評価……★★★★★

大がかりなお化粧直しで見た目が変わった「ボルボC70」。その走りと乗り心地はどうなった? “ぜいたくオプション”装備モデルで試した。

一番多機能で有能なボルボ

「ボルボC70」は、何といっても、メタルトップのクーペボディがもたらす耐候性と、フルオープンで走る気持ち良さを使い分けできる点が便利だ。
布製トップのカブリオレは、雰囲気もあり優雅でもあるが、安心感や静粛性においてはメタルトップが勝る。多少複雑な開閉アクションも、すべてスイッチひとつでこなせるし、特別なメンテナンスはいらないようだから、マニュアルどおりに取り扱いを丁寧にしさえすれば、耐久性の心配はなさそうに思える。

4人がちゃんとオープンで乗れるクルマは、家族で乗っても友人達と乗っても、やはり2人乗りの場合と違って楽しい雰囲気に満ちている。距離的なものも含め、ガンガン走って酷使するにはセダンやワゴンの方が適するのは当然として、こうしてやんわりと雰囲気を楽しむのには、オープンカーやクーペのキャラクターこそ最適。その両方をそつなくこなす「C70」は、1台で何通りもの性格を使い分けられるという点で、一番多機能かつ有能なボルボ車ということもできるだろう。

どんなクルマ?

(シリーズ概要)
クーペ「ボルボC70」とそのオープン版「C70カブリオレ」が一本化される形で、2005年9月のフランクフルトショーでメタルトップの2代目「C70」がデビュー。日本では、約1年半後の2007年3月に発売された。テスト車の現行型は、その次世代モデル。各部のデザインに大幅な手直しを受けるなどし、2010年3月に日本上陸を果たした。
すなわち、最大の特長である3分割式リトラクタブルルーフはそのままに、フロントフェイスはクロスオーバーモデル「XC60」とおそろいの新世代デザインに。波打つ輪郭が特徴的だったリアのコンビランプや、これまで「S40」、「V50」、「C30」と共通だったダッシュボードも新たな意匠へと改められた。

(グレード概要)
従来の2.4リッターNAモデルはカタログから姿を消し、2.5リッター直列5気筒ターボのみ。新世代の「C70」は、「T5 GT」のモノグレードで扱われる。
テスト車はオプションの「ラグジュアリーパッケージ」付き。本革シートはセミアニリンレザーを使ったプレミアムレザーシートに、アルミホイールは17インチから18インチへとアップグレードされ、DYNAUDIO製スピーカー採用のプレミアムサウンドシステムや、死角情報を提供するBLIS(ブラインド・スポット・インフォメーション・システム)なども追加される。

関連キーワード

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★★
オープンのまま止めおくことも想定して、外から見られることを意識した立体的なデザイン。光りモノを使わずにメタリックな感覚で処理したスカンジナビアの流儀は、硬質にして上品。見ればわかる式の装備品の数々も、スイッチやダイヤルの操作性に優れ、タッチも繊細。冬季には手袋をしたままの操作になるが、そんな時の操作感まで熟知した設定だ。人間工学的という言葉は、スウェーデン車によく似合う。

(前席)……★★★★★
空間的な余裕そのものはスカンジナビアの大柄な人達向けの設定ながら、シートなどは小柄な体型から大きな人まで、あるいは体重によって接触面積を変えてうまくフィットする感覚がある。誰もがどこかで合致する、不思議なホールド感だ。標準の本革シートはソフトなタッチで滑りを融通する。左右どちらのハンドル位置でもセンター部分は共通だから、右ハンドル車ではサイドブレーキレバーがやや遠い。ダッシュボード上に直立するナビ画面の位置は、やや邪魔。

(後席)……★★★
見た目には囲まれ感のある狭い空間ながら、脚もひざも普通におさまる。ヘッドレストがあるのでオープン時でも後方から首筋を風が直撃するのは避けられるが、サイドウィンドウは立てておかないと風にさらされる。それが4シーターオープンの後席ゆえの特徴的な開放環境。肩まですっぽり包まれるので不安感はさほどない。センター部にある引き出しは、アームレストではなく救急箱収納のカバー。後方には緊急時にせり出すロールオーバーバーも収納されている。

(荷室)……★★★
この手の折り畳み式ルーフが収まるトランクの利用は、考え方次第。旅先でものを大量に買い込んだ場合には、ルーフを上げれば400リッター使える。逆に、ルーフを収納している場合でも残り空間は200リッターが確保される。ガラス部分を固定するための棚は、20cmほど持ち上げることができ、限られた空間からの荷物の積み下ろしを容易にする。このあたりの作業性は、よく考えられている。


ボルボC70 T5 GT(FF/5AT)【ブリーフテスト】の画像 拡大
ボルボC70 T5 GT(FF/5AT)【ブリーフテスト】の画像 拡大
ボルボC70 T5 GT(FF/5AT)【ブリーフテスト】の画像 拡大
写真をクリックすると、収納済みのルーフを上方にずらし積載スペースへのアクセスを容易にする「ロード・エイド」のアクションが見られます。
なお、写真はクローズド状態の荷室。中央奥の開口部から、長尺物をに貫通させて積むこともできる。
写真をクリックすると、収納済みのルーフを上方にずらし積載スペースへのアクセスを容易にする「ロード・エイド」のアクションが見られます。
なお、写真はクローズド状態の荷室。中央奥の開口部から、長尺物をに貫通させて積むこともできる。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
5気筒ターボの230psユニットは、GTを名乗るだけあってパワフル。電動収納ルーフなど重装備で1730kgもあるボディを軽々と加速させる。5段ATは普通のトルクコンバーター式ではあるが、ロックアップも適切でブカブカしたスリップ感のあるつながり方はしない。ドライブコンピューターが示す瞬間燃費値は、決して省エネレベルではないが、定速巡行に移ればまずまずの小食。

(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
どっしり落ちついた走行感覚があり、乗り心地は重厚。バネ下はきちんと路面の不整に追従するから、ボディの動きはゆったりとフラット感覚を保つ。ボディサイズや重量なりにキビキビした小業こそ苦手だが、中高速コーナーが連続するようなステージでは、ボディの慣性をもてあますことなく、意外や身軽にコーナーのインを縫える。クーペ時とオープン時の重心高の差はそれなりに感じるし、ボディ剛性的にはセダンより不利ではあるが、だからといって操縦安定性の面で破綻(はたん)をきたすことはない。

(写真=荒川正幸)


ボルボC70 T5 GT(FF/5AT)【ブリーフテスト】

【テストデータ】

報告者:笹目二朗
テスト日:2010年3月31日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2010年型
テスト車の走行距離:2693km
タイヤ:(前)235/40R18(後)同じ(いずれも、ピレリPZERO ROSSO)
オプション装備:ラグジュアリーパッケージ(40.0万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1):高速道路(7):山岳路(2)
テスト距離:241.3km
使用燃料:31.5リッター
参考燃費:7.66km/リッター

あなたにおすすめの記事