第4戦中国GP決勝結果【F1 2010 速報】

2010.04.18 自動車ニュース

【F1 2010 速報】第4戦中国GP、雨の上海でバトン優勝

F1世界選手権第4戦中国GP決勝が、2010年4月18日、上海インターナショナル・サーキット(5.451km)を56周して行われた。

フライアウェイの最後は、第2戦オーストラリアGP同様に雨がレースをおもしろくした。セーフティカーが2度出動した今回、ジェンソン・バトンが予選5番手からオーストラリアに次ぐ今季2勝目を飾り、ドライバーズチャンピオンシップでトップに躍り出た。2位にはチームメイトのルイス・ハミルトンが入り、マクラーレン・メルセデスは久々の1-2フィニッシュにわいた。
ただしハミルトンは、レース中ピットレーンでセバスチャン・ベッテルとニアミスを起こしており、レース後の審議対象となっている。

メルセデスのニコ・ロズベルグが2戦連続3位表彰台を獲得し、選手権2位にジャンプアップした。

ジャンプスタートでドライブスルーペナルティを受けたフェラーリのフェルナンド・アロンソが4位まで挽回しゴール。一時3位を走行していたルノーのロバート・クビサは5位、レッドブル・ルノーのベッテルはポールポジションからでも勝てずに6位、ルノーのルーキーであり初のロシア人ドライバーであるビタリー・ペトロフが7位で初得点、フロントローの利点を生かせなかったレッドブルのマーク・ウェバー8位、フェラーリのフェリッペ・マッサ9位、この週末精彩を欠いていたメルセデスのミハエル・シューマッハーが10位で最後の1点を獲得した。

以下、11位エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)、12位ルーベンス・バリケロ(ウィリアムズ・コスワース)、13位ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ・フェラーリ)、14位ヘイキ・コバライネン(ロータス・コスワース)、15位ニコ・ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)、16位ブルーノ・セナ(HRTコスワース)、17位カルン・チャンドック(HRT)らが完走を果たした。

4戦2勝のバトンがチャンピオンシップポイントを60点とし首位にのぼりつめた。善戦続くロズベルグが50点で2位、開幕戦ウィナーのアロンソが49点で3位、同点でハミルトン4位、ベッテル45点で5位というオーダー。コンストラクターズ選手権はマクラーレンが109点でトップに立ち、90点の2位フェラーリ、73点の3位レッドブル、60点の4位メルセデスらを従えている。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。