「MINIクロスオーバー」日本デビューは来春

2010.04.16 自動車ニュース

第4のMINI、「クロスオーバー」は2011年春にデビュー

BMWジャパンは、2011年春に「MINIクロスオーバー」を日本に導入すると発表した。

「MINIクロスオーバー」は、SUVテイストを採り入れたMINIファミリー4番目となるニューモデルだ。欧州では「MINIカントリーマン」として、2010年1月に車両の概要が発表されている。

MINI初のフルタイム4WDシステム「MINI ALL4」が一部グレードにオプション設定されることが最大のニュース。さらに回生ブレーキシステムやアイドリングストップ機構なども採用され、環境性能の向上も図られているという。

さらにエクステリアでは、こちらもMINIシリーズ初となる4枚ドアが採用されることが新しい。インテリアには収納などのレイアウトをアレンジできる「MINIセンター・レール」なども設けられる。

本国では、ベーシックな「ONE」から最上級の「クーパーS」まで、3種のガソリンと2種ディーゼルエンジンが与えられ、計5グレードが用意されるが、日本仕様のラインナップは明らかにされていない。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
MINIクロスオーバーMINI自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2017.8.25 試乗記 MINIクロスオーバーに追加された新グレードにして、MINI一族にとって初のプラグインハイブリッド車である「MINIクーパーS EクロスオーバーALL4」。前輪をエンジンで、後輪をモーターで駆動する独自のパワープラントがもたらすドライブフィールをリポートする。
  • 「日産リーフ」がフルモデルチェンジ 航続距離は400kmに 2017.9.6 自動車ニュース 日産自動車は2017年9月6日、電気自動車の「リーフ」をフルモデルチェンジした。同年10月2日に発売する。2代目となる新型は、航続距離を大幅に伸ばすとともに、日産のインテリジェントドライビング技術によって、より楽しく快適な運転を実現したのが特徴である。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.6.2 試乗記 フルモデルチェンジでさらに大きくなった「MINIクロスオーバー」に試乗。ベーシックな「クーパーD」グレードで素の実力を……と思いきや、試乗車には100万円分以上のオプションがてんこ盛りで、価格はなんと500万円オーバー! こちらの取捨選択についても真剣に考えた。
  • 「レクサスNX」のマイナーチェンジモデル発売 2017.9.14 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年9月14日、レクサスブランドのSUV「NX」をマイナーチェンジし、販売を開始した。エクステリアデザインを変更するとともに、先進装備を充実させて快適性と利便性の向上を図っている。
ホームへ戻る