「MINIクロスオーバー」日本デビューは来春

2010.04.16 自動車ニュース

第4のMINI、「クロスオーバー」は2011年春にデビュー

BMWジャパンは、2011年春に「MINIクロスオーバー」を日本に導入すると発表した。

「MINIクロスオーバー」は、SUVテイストを採り入れたMINIファミリー4番目となるニューモデルだ。欧州では「MINIカントリーマン」として、2010年1月に車両の概要が発表されている。

MINI初のフルタイム4WDシステム「MINI ALL4」が一部グレードにオプション設定されることが最大のニュース。さらに回生ブレーキシステムやアイドリングストップ機構なども採用され、環境性能の向上も図られているという。

さらにエクステリアでは、こちらもMINIシリーズ初となる4枚ドアが採用されることが新しい。インテリアには収納などのレイアウトをアレンジできる「MINIセンター・レール」なども設けられる。

本国では、ベーシックな「ONE」から最上級の「クーパーS」まで、3種のガソリンと2種ディーゼルエンジンが与えられ、計5グレードが用意されるが、日本仕様のラインナップは明らかにされていない。

(webCG 本諏訪)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【海外試乗記】 2017.6.6 試乗記 2代目となる新型「MINIクロスオーバー」に、プラグインハイブリッド車(PHV)の「クーパーS E ALL4」が登場。1.5リッター直3ターボエンジンと電動モーターが織り成す走りを、スペイン・バルセロナで試した。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.6.2 試乗記 フルモデルチェンジでさらに大きくなった「MINIクロスオーバー」に試乗。ベーシックな「クーパーD」グレードで素の実力を……と思いきや、試乗車には100万円分以上のオプションがてんこ盛りで、価格はなんと500万円オーバー! こちらの取捨選択についても真剣に考えた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る