「MINIクロスオーバー」日本デビューは来春

2010.04.16 自動車ニュース

第4のMINI、「クロスオーバー」は2011年春にデビュー

BMWジャパンは、2011年春に「MINIクロスオーバー」を日本に導入すると発表した。

「MINIクロスオーバー」は、SUVテイストを採り入れたMINIファミリー4番目となるニューモデルだ。欧州では「MINIカントリーマン」として、2010年1月に車両の概要が発表されている。

MINI初のフルタイム4WDシステム「MINI ALL4」が一部グレードにオプション設定されることが最大のニュース。さらに回生ブレーキシステムやアイドリングストップ機構なども採用され、環境性能の向上も図られているという。

さらにエクステリアでは、こちらもMINIシリーズ初となる4枚ドアが採用されることが新しい。インテリアには収納などのレイアウトをアレンジできる「MINIセンター・レール」なども設けられる。

本国では、ベーシックな「ONE」から最上級の「クーパーS」まで、3種のガソリンと2種ディーゼルエンジンが与えられ、計5グレードが用意されるが、日本仕様のラインナップは明らかにされていない。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクロスオーバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • 話題のPHEVも設定、新型「MINIクロスオーバー」登場 2017.2.23 自動車ニュース BMWジャパンが新型「MINIクロスオーバー」を発売。初代より一回り大きくなったボディーが特徴で、パワープラントにはMINI最新のディーゼルエンジンと8ATを採用。またブランド初となるプラグインハイブリッド車も設定されている。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
ホームへ戻る