「BMW M3クーペ」に限定の特別仕様車

2010.04.15 自動車ニュース

「BMW M3クーペ」に12台限定の特別仕様車

BMWジャパンは、高性能モデル「M3クーペ」に特別仕様車を設定。2010年4月15日に12台限定で発売する。

「M3クーペ Special Edition(スペシャルエディション)」は、専用のエクステリアパーツをボディ各部にあしらい、「スポーティさ、エレガントさを演出」(プレスリリース)した特別仕様車。ベースは、M3クーペの6MTモデルだ。

今回用意されるのは、アルピンホワイト(限定2台)、スペースグレー(限定5台)、へレスブラック(限定5台)の3種類のボディカラーをまとった計12台。

アルピンホワイトとスペースグレーの特別仕様車は、専用のブラック19インチアロイホイールを装着。さらに、キドニーグリル、フロントバンパー、ボンネットエアダクト、ドアミラー、リアスカート、トランクリッドスポイラーなどがブラックでコーディネイトされ、スポーティさが強調されている。また、へレスブラックの特別仕様車には、19インチアロイホールのほか、専用のクロームラインエクステリアなどを採用し、エレガントさが演出された。

価格はベース車より7.0万円高い、1020.0万円。

(webCG 曽宮)

「BMW M3クーペ Special Edition」。写真のボディカラーは、スペースグレー。
「BMW M3クーペ Special Edition」。写真のボディカラーは、スペースグレー。
ボディカラー=へレスブラック。
ボディカラー=へレスブラック。
ボディカラー=アルピンホワイト。
ボディカラー=アルピンホワイト。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M3クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • BMW M235i クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2014.5.5 試乗記 車名も新たに、BMWのラインナップに加えられた「2シリーズ クーペ」。その走りは、どれほどのものなのか? 高性能バージョン「M235i」で確かめた。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
ホームへ戻る