【スペック】全長×全幅×全高=4265×1780×1430mm/ホイールベース=2640mm/車重=1380kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(145ps/6000rpm、18.9kgm/4500rpm)/価格=295万円(テスト車=353万7000円/スタイリングキット=16万5000円/17インチアルミホイールStyx=8万円/メタリックペイント=8万円/C30ナビゲーションシステム=23万7000円/ETC=2万5000円)

ボルボC30 2.0e Aktiv(FF/6AT)【試乗記】

北欧テイストさらに濃く 2010.04.15 試乗記 ボルボC30 2.0e Aktiv(FF/6AT)
……353万7000円

シャープな顔立ちに生まれ変わったボルボのコンパクトカー「C30」。ベーシックグレードで、その走りを検証する。

大胆だが子供っぽくない

デビューした時の姿でも十分魅力的に映っていただけに、フェイスリフトには当初、ちょっと抵抗があった。「S40/V50」似の穏やかな顔は、「C70」にはともかく「C30」にはマッチしていると思っていたからだが、遠目にも表情がハッキリした新しいマスクを得た姿を実際に眺めてみると、これも悪くない気がしてきた。こちらの方がハッチバックらしい軽快感があって、クルマが若返ったような感じがする。大体こんなに“バックシャン”なクルマなのだ。顔だって、このぐらい主張したっていいだろう。

一方、もともと主張の明快だったインテリアも、その度合いをますます深めている。意匠には変更は無いが、デザインのキーであるフリーフローティングセンタースタック、そしてシート地などにはたくさん、思わず目を引き付ける色合いのものが用意されている。試乗車のシート地は、ボディ色と合わせたオレンジを大胆に使った鮮やかなツートーン。そしてセンタースタックは、オイスターバーストと呼ばれる、1950年代のスウェーデン製エレクトリックギター“ハグストローム”をモチーフとしたものだ。内装にギターの柄を使ったクルマなんて今までにあっただろうか?

さすがボルボというべきか、内外装ともにこんなふうに大胆に仕立ててはいても、決して子供っぽくなっていない。白いホイールなんて普通はナシと思うところだが、それすらもいい感じだと思えてくる。これが北欧のセンスだと言われれば、たしかにそうなのだろう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る