独アウディ、「TT」シリーズを一部改良

2010.04.14 自動車ニュース
「アウディTTクーペ」
独アウディ、「TT」シリーズを一部改良

独アウディ、「TT」シリーズを一部改良

独アウディは2010年4月8日、「TT」シリーズに一部改良を施した。

 
独アウディ、「TT」シリーズを一部改良の画像
 
独アウディ、「TT」シリーズを一部改良の画像

■ヘッドライトがLED内蔵に

同じタイミングでフェイスリフトが実施された「A3」シリーズ同様、「TTクーペ/ロードスター」の変更も比較的控えめだ。一番の特徴は、これまで高性能モデル「TTS」に搭載されていたLEDランプ内蔵のヘッドライトが、TTクーペ/ロードスターにも採用されたこと。加えて、フロントバンパーやエアインレットの形状がより立体的になり、スポーティさを増している。
これにともない、TTクーペ/ロードスターとも、全長が2cm伸びた。またシングルフレームグリルにはハイグロスブラックペイントが施された。

インテリアは、基本的なデザインはほとんど変わらないが、素材の見直しなどによって質感を高めたという。細かいところでは、今回からイグニッションオンでメーターの針が一往復する"スイープ機能"が採用された。

2リッターの直噴ディーゼルターボエンジン。
2リッターの直噴ディーゼルターボエンジン。
 
独アウディ、「TT」シリーズを一部改良の画像

■燃費性能がアップ

エンジンは、1.8リッターおよび2リッターの直噴ガソリンターボ(TFSI)、3.2リッターV6、そして、2リッターの直噴ディーゼルターボ(TDI)が用意される。注目は、新しくなった「2.0 TFSI」で、可変バルブリフト機構の"アウディバルブリフトシステム"を排気側に搭載することで、最高出力は11psアップの211ps、最大トルクは7.1kgmアップの35.7kgmの実力を手に入れた。

同じ最大トルクを発生する「2.0 TDI」は、5.3リッター/100km(=18.9km/リッター)の低燃費が自慢。フルタイム4WDのクワトロは、「3.2 V6」と「2.0 TDI」に標準で、「2.0 TFSI」ではオプション。「1.8 TFSI」はFFのみの設定だ。

TTクーペ/ロードスター以外の話題としては、シリーズの頂点というべきスポーツモデル「TT RS」で、デュアルクラッチギアボックスのSトロニックが選べるようになることだ。新開発のSトロニックは7段の仕様で、この秋の登場を予定している。マニュアルギアボックスのみということで購入をちゅうちょしていた人には朗報だろう。

(文=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

TTクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディTTSクーペ/TTクーペ/TTロードスター【試乗記】 2015.8.20 試乗記 3代目となる「アウディTT」シリーズが国内でデビュー。初代をほうふつさせるデザインと先進的なインテリアが目を引く、新型コンパクトスポーツの仕上がりは? 正式発表を前に、北海道・十勝スピードウェイで試乗した。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • アウディTTSクーペ(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.6 試乗記 新世代「アウディTT」の中で、最もパワフルな「TTSクーペ」に試乗。直噴ターボエンジンや新開発の軽量ボディー、そしてアウディ自慢の先進装備がもたらす走りの質を報告する。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
ホームへ戻る