【スペック】全長×全幅×全高=4210×1790×1495mm/ホイールベース=2575mm/車重=1400kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(211ps/5300-6200rpm、28.6kgm/1700-5200rpm)/価格=366万円(テスト車=417万4500円)

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【ブリーフテスト】

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT) 2010.04.14 試乗記 ……417万4500円
総合評価……★★★★

ホットハッチの代名詞たる「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」。6代目となる最新型の走りを、18インチホイール装着車で試した。

昔のアメ車を思い出す

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」は、標準的な1.4リッターモデルでも十分に速いクルマではあるが、やはり排気量の大きな2リッターエンジンがもたらす余裕は絶大だ。強いて言うならば、この「GTI」にはマニュアルトランスミッションの設定もあってしかるべきだろうが、日本市場で売れないとなればやむなし。“努力せずして速く走れるモデル”が主流となれば、メーカーとしての商品構成もそうなって当然だ。フォルクスワーゲンの場合には「1.2リッターや1.4リッターの標準モデルこそが良心」という大義名分もある。

そんないまの「GTI」に乗っていると、昔のアメリカ車を思い出す。コーナーを攻める気にもならないし、とくにスピードを楽しむ気分でもない。前に速いクルマが走っていたとしても、追いつくのは簡単。でも、前に出ようという気にならない。おうように構えて、いつでも追い越せるんだという可能性だけで満足してしまえる。これもひとつの時代を反映した進化形ではあるが、「これでどーだ?」といわれても、昔モンには感服いたしましたとは納得しがたい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • 【上海ショー2017】「レクサスNX」のマイナーチェンジ版がデビュー 2017.4.19 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年4月19日、上海モーターショー(会期:2017年4月19日~28日)において、レクサスブランドのSUV「NX」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
ホームへ戻る