独アウディ「A3」をフェイスリフト

2010.04.13 自動車ニュース

独アウディ「A3」シリーズをフェイスリフト

独アウディは、2010年4月8日、「A3」シリーズのフェイスリフトを発表した。

■変更は控えめ

2008年半ばのフェイスリフトで、新デザインのテールライトやLEDポジショニングランプ付ヘッドライトなどを採用した「A3」シリーズ。今回のフェイスリフトでは、そのイメージを踏襲しながら、細部をリファインするにとどまっている。
たとえば、シングルフレームグリルとBピラーのペイントがハイグロスブラックに変更されたことに加え、フロントバンパーのエアインレットやミラー、リアディフューザーが新しいデザインとなったが、よほど興味を持つ人以外は新型と気づくのは難しい。室内も、Sトロニックのシフトレバーがボール型に改められ、またスイッチ類にアルミ調リングが施されてはいるが、基本的なデザインはほぼ同じである。

エンジンは、ガソリンが1.2リッターから2リッターの5タイプ、ディーゼルが1.6リッターから2リッターの4タイプで、すべて直噴ターボのTFSI/TDIを採用する。このうち、「1.2 TFSI」「1.4 TFSI」「1.6 TDI」(105ps版)、「2.0 TDI」(140ps版および170ps版)には、アイドリングストップ機能とエネルギー回生機能が搭載された。1.6 TDIを搭載する3ドアのA3なら、3.8リッター/100km(=26.3km/リッター)という極めて低い燃費を実現する。

新しい機能としては、FFモデルのESP(横滑り防止装置)にディファレンシャルロック機能が搭載された。これは、フォルクスワーゲンの「XDS」と同様のシステムで、コーナリング時に内側前輪のグリップが不足した際に、内側前輪に軽くブレーキをかけることでトラクションを向上させるものだ。

現行型A3のデビューは2003年。まもなく8年目に突入するが、モデルライフはまだしばらく続きそうだ。フェイスリフトを受けた最新モデルの投入は2010年夏以降となる。

(文=生方聡)

 
独アウディ「A3」をフェイスリフトの画像
 
独アウディ「A3」をフェイスリフトの画像
 
独アウディ「A3」をフェイスリフトの画像
 
独アウディ「A3」をフェイスリフトの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る