【スペック】全長×全幅×全高=4840×1915×1380mm/ホイールベース=2855mm/車重=1780kg/駆動方式=FR/6.2リッターV8OHV(405ps/5900rpm、56.7kgm/4300rpm)/価格=535.0万円(テスト車=同じ)

シボレー・カマロSS RS(FR/6AT)【試乗記】

オレンジ色の深いヤツ 2010.04.13 試乗記 シボレー・カマロSS RS(FR/6AT)
……535.0万円

派手な外観に大排気量V8を組み合わせた「シボレー・カマロ」は、そのスペックから想像するのとはやや異なる味わいのクルマだった。

日本で買える、三番目に安いV8エンジン

6.2リッターV8を積む「シボレー・カマロSS RS」の試乗前夜、資料にあたりながら頭に浮かんだ言葉は、「お値打ち!」。自分はケチなので、こんなにデカいV8を積んでいながら正札535万円と聞くと、それだけで得した気になってニンマリ。

「こりゃ安い!」と思って、いま日本で買えるV8モデルをざっくりさらってみる。すると、4.6リッターV8の「トヨタ・クラウンマジェスタAタイプ」が610万円、4.5リッターV8搭載の「日産シーマ450XL」が630万円。ドイツ勢は軒並み1000万円オーバーで、4.4リッターV8ツインターボの「BMW550i」が1040万円、5.5リッターV8の「メルセデス・ベンツE550 アバンギャルド」が1080万円、4.2リッターV8の「アウディA8 4.2 FSI クワトロ」が1104万円、同じく「アウディQ7 4.2 FSI クワトロ」が970万円。こうやって並べると4.8リッターV8の「ポルシェ・カイエンS」(6MT)の939万円がお買い得に見えるのは、だまし絵と同じ理屈か。

調べ始めたら止まらなくなってしまったので、もう少しV8調査団にお付き合いください。アメリカ勢に目を移せば、5.7リッターV8の「クライスラー300C 5.7 HEMI」が633万6750円、4.7リッターV8の「ジープ・グランドチェロキーSリミテッド」が586万9500円。調査のためにイギリスを訪ねると、5リッターV8の「ジャガーXF 5.0 プレミアム ラグジュアリー」が895万円で、「ランドローバー・レンジローバースポーツ5.0 V8」が754万円となっている。

調べた範囲だと、「シボレー・カマロSS RS」より安いV8モデルは「フォード・マスタングV8 GT クーペプレミアム」(480万円)と、「トヨタ・ランドクルーザーAX」(470万円)の2台だけ。しかもこの2台はいずれも4.6リッターだから、6.2リッターのカマロのお買い得感はかなりのもの、という調査結果が出た。


シボレー・カマロSS RS(FR/6AT)【試乗記】の画像

シボレー・カマロSS RS(FR/6AT)【試乗記】の画像
標準装備されるボストンアコースティック・サウンドシステムのクリアで乾いた音質が、実に新鮮だった。
標準装備されるボストンアコースティック・サウンドシステムのクリアで乾いた音質が、実に新鮮だった。
シボレー・カマロSS RS(FR/6AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • 新型「シボレー・カマロ」の国内受注がスタート 2017.1.12 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年1月12日、同年後半に日本導入を予定している新型「シボレー・カマロ」の先行予約キャンペーンを発表するとともに、各モデルのキャンペーン限定価格を公表した。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 今夏発売の「ホンダ・シビック タイプR」、ニュルでFF最速記録を更新 2017.4.24 自動車ニュース ホンダがニュルブルクリンク北コースで新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。新型シビック タイプRは2017年夏に発売される予定となっている。
  • 5台限定、「シボレー・コルベット」に青が魅力の限定モデル 2017.4.5 自動車ニュース 「シボレー・コルベット」に5台限定の特別仕様車「グランスポーツ アドミラルブルー ヘリテージ」が登場。量販モデルに初めて高性能モデルの「グランスポーツ」が設定されたときと同じく、ボディーカラーには「アドミラルブルー」が用いられている。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「キャデラックATS」にシルバーの特別仕様車が登場 2017.5.18 自動車ニュース 「キャデラックATSセダン」に特別仕様車「シルバームーンライトエディション」が登場。専用ボディーカラーの「シルバームーンライトメタリック」が特徴で、電動スライディングルーフやブラッシュドアルミナムトリムなどが特別装備される。
  • 「ジープ・チェロキー」に価格を抑えた限定車 2017.5.18 自動車ニュース FCAジャパンは、「ジープ・チェロキー」の特別仕様車「リミテッドスペシャル」を、2017年5月20日に50台の台数限定で発売する。価格は467万1000円。ベースとなった「リミテッド」から、約30万円抑えた価格が最大のセリングポイントとなる。
ホームへ戻る