「フィアット500C by Diesel」日本で初披露

2010.04.12 自動車ニュース
 
「フィアット500C by Diesel」日本で初披露

「フィアット500C by Diesel」本国に先駆け日本で世界デビュー

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは2010年4月12日、イタリアのファッションブランド「Diesel」とのコラボレーションによる最新モデル「フィアット500C by Diesel」を、世界に先駆けて日本で公開した。

発表会場となった東京青山の「FIAT CAFFE」には、Dieselの創始者であるレンツォ・ロッソ氏(左)と伊フィアットの元名誉会長故ジョヴァンニ・アニエッリの孫で、現在は「イタリア・インディペンデント」社長のラポ・エルカン氏(右)が駆け付けた。
発表会場となった東京青山の「FIAT CAFFE」には、Dieselの創始者であるレンツォ・ロッソ氏(左)と伊フィアットの元名誉会長故ジョヴァンニ・アニエッリの孫で、現在は「イタリア・インディペンデント」社長のラポ・エルカン氏(右)が駆け付けた。
 
「フィアット500C by Diesel」日本で初披露の画像
フロントシートのサイド部分には、ジーンズのポケットが。
フロントシートのサイド部分には、ジーンズのポケットが。

今回お披露目された「フィアット500C by Diesel」は、日本では2009年3月に限定販売された「500 by Diesel」に続く、フィアットとDieselのコラボレーション第2弾となる100台限定の特別仕様車だ。

「500C」の1.2リッターモデルをベースに、Dieselの「モヒカン」ロゴ入りの専用16インチアロイホイールや、リアのDieselバッジが特徴。さらに、ドアミラーやドアハンドル、フロント/リアのアクセントラインなどがチタンマット仕上げとされるなど細部にわたってカスタマイズされたエクステリアとなっている。

一方、インテリアは、ブラック基調の内装に、チタンマットカラー仕上げのダッシュボードや、オーディオコントローラー付きレザーステアリング、デニム風に黄色いステッチを施した専用ファブリックシートなどが採用された。
またサブウーファー付インタースコープサウンドシステムも特別装備される。

ボディのカラーバリエーションは、2通り。「ディーゼル グリーン」に「ブラック」のソフトトップと「ミッドナイトインディゴ ブルー」に「アイボリー」のソフトトップ(2010年秋導入予定)が用意される。
価格は、279.0万円。100台限定で、2010年7月中旬の発売予定。

ちなみに、イタリアでは、2010年4月15日からミラノで開かれる高級家具見本市「ミラノサローネ」に出品され、5月から販売が開始される。

(webCG ワタナベ)

「モヒカン」のロゴ入りアロイホイール。
「モヒカン」のロゴ入りアロイホイール。
 
「フィアット500C by Diesel」日本で初披露の画像
関連記事
  • フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)【試乗記】 2011.6.21 試乗記 フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)
    ……279万円

    「500」シリーズに加わった、2気筒ターボの「ツインエア」。ECOとFUNは両立するのか? オープンモデルでその走りを試した。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その18) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フィアットのブースを画像で紹介する。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
ホームへ戻る