「フィアット500C by Diesel」日本で初披露

2010.04.12 自動車ニュース
 
「フィアット500C by Diesel」日本で初披露

「フィアット500C by Diesel」本国に先駆け日本で世界デビュー

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは2010年4月12日、イタリアのファッションブランド「Diesel」とのコラボレーションによる最新モデル「フィアット500C by Diesel」を、世界に先駆けて日本で公開した。

発表会場となった東京青山の「FIAT CAFFE」には、Dieselの創始者であるレンツォ・ロッソ氏(左)と伊フィアットの元名誉会長故ジョヴァンニ・アニエッリの孫で、現在は「イタリア・インディペンデント」社長のラポ・エルカン氏(右)が駆け付けた。
発表会場となった東京青山の「FIAT CAFFE」には、Dieselの創始者であるレンツォ・ロッソ氏(左)と伊フィアットの元名誉会長故ジョヴァンニ・アニエッリの孫で、現在は「イタリア・インディペンデント」社長のラポ・エルカン氏(右)が駆け付けた。
 
「フィアット500C by Diesel」日本で初披露の画像
フロントシートのサイド部分には、ジーンズのポケットが。
フロントシートのサイド部分には、ジーンズのポケットが。

今回お披露目された「フィアット500C by Diesel」は、日本では2009年3月に限定販売された「500 by Diesel」に続く、フィアットとDieselのコラボレーション第2弾となる100台限定の特別仕様車だ。

「500C」の1.2リッターモデルをベースに、Dieselの「モヒカン」ロゴ入りの専用16インチアロイホイールや、リアのDieselバッジが特徴。さらに、ドアミラーやドアハンドル、フロント/リアのアクセントラインなどがチタンマット仕上げとされるなど細部にわたってカスタマイズされたエクステリアとなっている。

一方、インテリアは、ブラック基調の内装に、チタンマットカラー仕上げのダッシュボードや、オーディオコントローラー付きレザーステアリング、デニム風に黄色いステッチを施した専用ファブリックシートなどが採用された。
またサブウーファー付インタースコープサウンドシステムも特別装備される。

ボディのカラーバリエーションは、2通り。「ディーゼル グリーン」に「ブラック」のソフトトップと「ミッドナイトインディゴ ブルー」に「アイボリー」のソフトトップ(2010年秋導入予定)が用意される。
価格は、279.0万円。100台限定で、2010年7月中旬の発売予定。

ちなみに、イタリアでは、2010年4月15日からミラノで開かれる高級家具見本市「ミラノサローネ」に出品され、5月から販売が開始される。

(webCG ワタナベ)

「モヒカン」のロゴ入りアロイホイール。
「モヒカン」のロゴ入りアロイホイール。
 
「フィアット500C by Diesel」日本で初披露の画像

関連キーワード:
500Cフィアット自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その18) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フィアットのブースを画像で紹介する。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • 特別なソフトトップの「フィアット500C」限定発売 2017.6.28 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月28日、「フィアット500C」に特別仕様車「Ivory Top(アイボリートップ)」を設定し、同年7月8日に60台の台数限定で発売すると発表した。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラールR-DYNAMIC HSE(D1... 2017.12.5 試乗記
  • ボルボV90 T8 Twin Engine AWD インスクリプション(4... 2017.11.21 試乗記