「フィアット500C by Diesel」日本で初披露

2010.04.12 自動車ニュース
 
「フィアット500C by Diesel」日本で初披露

「フィアット500C by Diesel」本国に先駆け日本で世界デビュー

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは2010年4月12日、イタリアのファッションブランド「Diesel」とのコラボレーションによる最新モデル「フィアット500C by Diesel」を、世界に先駆けて日本で公開した。

発表会場となった東京青山の「FIAT CAFFE」には、Dieselの創始者であるレンツォ・ロッソ氏(左)と伊フィアットの元名誉会長故ジョヴァンニ・アニエッリの孫で、現在は「イタリア・インディペンデント」社長のラポ・エルカン氏(右)が駆け付けた。
発表会場となった東京青山の「FIAT CAFFE」には、Dieselの創始者であるレンツォ・ロッソ氏(左)と伊フィアットの元名誉会長故ジョヴァンニ・アニエッリの孫で、現在は「イタリア・インディペンデント」社長のラポ・エルカン氏(右)が駆け付けた。
 
「フィアット500C by Diesel」日本で初披露の画像
フロントシートのサイド部分には、ジーンズのポケットが。
フロントシートのサイド部分には、ジーンズのポケットが。

今回お披露目された「フィアット500C by Diesel」は、日本では2009年3月に限定販売された「500 by Diesel」に続く、フィアットとDieselのコラボレーション第2弾となる100台限定の特別仕様車だ。

「500C」の1.2リッターモデルをベースに、Dieselの「モヒカン」ロゴ入りの専用16インチアロイホイールや、リアのDieselバッジが特徴。さらに、ドアミラーやドアハンドル、フロント/リアのアクセントラインなどがチタンマット仕上げとされるなど細部にわたってカスタマイズされたエクステリアとなっている。

一方、インテリアは、ブラック基調の内装に、チタンマットカラー仕上げのダッシュボードや、オーディオコントローラー付きレザーステアリング、デニム風に黄色いステッチを施した専用ファブリックシートなどが採用された。
またサブウーファー付インタースコープサウンドシステムも特別装備される。

ボディのカラーバリエーションは、2通り。「ディーゼル グリーン」に「ブラック」のソフトトップと「ミッドナイトインディゴ ブルー」に「アイボリー」のソフトトップ(2010年秋導入予定)が用意される。
価格は、279.0万円。100台限定で、2010年7月中旬の発売予定。

ちなみに、イタリアでは、2010年4月15日からミラノで開かれる高級家具見本市「ミラノサローネ」に出品され、5月から販売が開始される。

(webCG ワタナベ)

「モヒカン」のロゴ入りアロイホイール。
「モヒカン」のロゴ入りアロイホイール。
 
「フィアット500C by Diesel」日本で初披露の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)【試乗記】 2011.6.21 試乗記 フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)
    ……279万円

    「500」シリーズに加わった、2気筒ターボの「ツインエア」。ECOとFUNは両立するのか? オープンモデルでその走りを試した。
  • フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【レビュー】 2016.4.1 試乗記 2007年のデビュー以来、初のビッグマイナーチェンジが加えられたフィアットのコンパクトカー「500」。イタリアを代表する自動車界の“愛されキャラ”は、大幅改良によって何がどう変わったのか? その変化の内容をリポートする。
  • フィアット500C 1.4 16Vラウンジ(FF/5AT)【試乗記】 2009.10.16 試乗記 フィアット500C 1.4 16Vラウンジ(FF/5AT)
    ……289.0万円

    「フィアット500」にスライディングルーフ式のキャンパストップを備えた「500C」。イタリア車らしい、愛嬌たっぷりのオープンモデルにスーザン史子が試乗した。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る