第137回:思い出の「デロリアン」をあの人に返す大作戦!

2010.04.10 エッセイ

第137回:思い出の「デロリアン」をあの人に返す大作戦!

幻の「デロリアン」購入計画

「デロリアンDMC-12」といえば映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のタイムマシーンとして有名だが、ボクは本気で「デロリアン」を手に入れようと考えたことがあった。ときは1990年。それまで乗っていた「フィアット・ウーノ」の後継マイカー探しをしていたときだ。

まず候補にあがったのは当時発売間もなかった「トヨタ・セラ」だった。先行したコンセプトカー「AXV-2」そのままの広いグラスエリアをもつガルウィングドアは、えらく魅力的に映った。しかし、フロアパンをスターレットと共用するクルマに、160万円近く出費するのは、少々複雑な気がした。

しばらくして中古車も探してみたが、あいにく走行距離5万km越えばかりだった。そんなに走っていると、ATのオーバーホールも近そうだ。全体のスタイリングも極めて洗練されていたセラだが(今でもそう信じている)、ドアを閉めると、まったくもっておとなしい姿になってしまうのも悲しかった。そうかといって、開けたまま走ったり、意味もなく人前でパカパカ開閉するわけにもいかない。

そこで、悩んだあげく“ガルウィング”ということで連想ゲーム的に思いだしたのが「デロリアンDMC-12」だった。DMC-12はデビュー(1981年)からすでに10年以上が経過していた。でもそのステンレス製ボディパネルが漂わせるハイテク感とほんのりとしたワイルド感は、まったく色あせていなかった。同時に、そのクルマがもつ劇的なストーリーにシビれていたボクだった。

考案者のジョン・ザカリー・デロリアンは、GM在籍中の1960年代、「おっさん・おばちゃんのクルマ」に成り下がっていた「ポンティアック」を、若者向けのスポーティーかつワイルドなブランドとして復活させることに成功。副社長のひとりにまで上り詰めた。
GMの副社長というのは、かなりの人数がいるので、それ自体はたいしたことではない。だが彼のキャラクターは破天荒だった。ハリウッドスターたちと懇意かと思えば、役員会にジーンズの上下で出席してお堅いGMのトップたちからひんしゅくを買ったりした。
なお、彼はGMの内幕を、「晴れた日はGMが見える」という回想録にまとめている。

1970年代前半、GMを突如辞したデロリアンは、数々の著名人に加えて、北アイルランド行政府からも資金をかき集め、同地に自らの名を冠した自動車工場を設立する。延期に次ぐ延期ののち、デロリアンDMC-12は1981年、ようやく日の目を見た。しかし、物語はそこで終わらなかった。ジョン・デロリアン自身は麻薬取引のおとり捜査で現行犯逮捕され、会社も破産してしまう。

のちにデロリアンは裁判で潔白を勝ち取る。だが彼は業界の表舞台への復帰を果たせぬまま、2005年に80歳でこの世を去った。
ミシガンにある彼の墓には、DMC-12のレリーフが埋め込まれている。なお後年、DMC-12の復活プロジェクトが立ち上げられたが、今回は割愛させていただく。

さて、ボク自身の話に戻そう。
その頃デロリアンの中古価格は、中古車情報誌『カーセンサー』で約300万円だったと思う。(ちなみに本稿を書くにあたり調べてみたら、今も相場は同程度らしい)。
当時ボクが勤めていた二玄社の自動車専門誌『SUPER CG』編集部で購入構想をあるスタッフに明かすと、「あれはワックスのかわりに、カネヨンで磨く」と真偽の判断がつきかねる話をしてくれたのを覚えている。

結果をいうと、ボクはデロリアン購入計画を断念した。ボクが住んでいた東京多摩地区からは、信頼できるといわれたサービス工場は遠かった。また「たとえエンジンが汎用ともいえるPRV製であっても、壊れるとえらく費用が掛かる」という忠告を識者から受けたのも、ビビる原因となった。

結局ヤナセで中古の「ビュイック・リーガル(本国名:センチュリー)」を購入、クルマ選びは決着した。

「デロリアンDMC-12」(写真=ITALDESIGN-GIUGIARO)
「デロリアンDMC-12」(写真=ITALDESIGN-GIUGIARO)
「デロリアンDMC-12」のリアビュー。トリノの仮ナンバー(PROVA)が付いている。(写真=ITALDESIGN-GIUGIARO)
「デロリアンDMC-12」のリアビュー。トリノの仮ナンバー(PROVA)が付いている。(写真=ITALDESIGN-GIUGIARO)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。