最速のフェラーリ、「599GTO」が登場

2010.04.09 自動車ニュース

フェラーリ、最速のロードカー「599GTO」を発表

伊フェラーリは、2010年4月23日に開幕する北京モーターショーに、ニューモデル「599GTO」を出展すると発表した。

■最速のV12ベルリネッタ

“ロードカー最速”をうたう新型のV12ベルリネッタ、「599GTO」が北京モーターショーでベールを脱ぐ。「GTO」の名は、古くは1960年代の「250GTO」がそうであったように、GTカーレースに出場するためのホモロゲーションモデル(認証取得モデル)であることを意味する。ベースとなった車両が素の「599」ではなく、そのワンメイクレース仕様の「599XX」であることも、このクルマの素性を物語っている。「599GTO」は、ロードゴーイングカーでありながら、限りなくサーキット仕様に近いモデルなのである。

フロントに搭載されるエンジンは、「599」に比べ、50ps増しとなる670psのV12。最大トルクも3.1kgm大きくなり、63.2kgmを発生する。組み合わされるトランスミッションは、2ペダル式MTの「F1トランスミッション」。出力の向上に加え、こちらもギアチェンジを0.06秒以下で終えられるようセットアップされた。実際の0-100km/h加速タイムは、599の3.7秒を大きくしのぐ、3.35秒をマーク。最高速は335km/hで、フィオラノサーキットのラップタイムも、フェラーリ史上最速ランクに位置する1分24秒を記録したという。

これらハイパフォーマンス実現のためのポイントしては、エンジン以外に、車体の軽量化やエアロダイナミクスも貢献しているという。薄型ガラスを含め、ボディ各部の素材は軽量なものに置換された結果、パワーウエイトレシオは2.23kg/psを達成。また、専用のエアロパーツを採用したことにより、200km/h走行時に144kgものダウンフォースが得られるなど、高速走行時の操縦安定性も高まったとされる。

シャシーでは、ロール剛性を高めるための強化スプリングやスタビライザー、磁性流体を使ったサスペンション「SCM」の進化バージョンが「SCM2」見どころ。タイヤはミシュランの「スーパースポーツ」が採用され、サイズはフロントが285/30ZR20、リアは315/35ZR20となっている。

かような「フェラーリ599GTO」、その名にちなんだ599台限定で販売されるとのことだ。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

599の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.7.26 試乗記 車名も新たに、大幅に進化したフェラーリのフル4シーター4WDクーペ「GTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12自然吸気ユニットを高らかに歌わせれば、真に贅沢(ぜいたく)なグランツーリズモとは何なのかが、即座に理解できるだろう。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2016.1.14 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ「488GTB」に試乗。670psと760Nmを生み出す3.9リッターV8ターボユニットは、ミドシップフェラーリの歴史にいかなる1ページを加えたのだろうか?
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
ホームへ戻る