最速のフェラーリ、「599GTO」が登場

2010.04.09 自動車ニュース

フェラーリ、最速のロードカー「599GTO」を発表

伊フェラーリは、2010年4月23日に開幕する北京モーターショーに、ニューモデル「599GTO」を出展すると発表した。

■最速のV12ベルリネッタ

“ロードカー最速”をうたう新型のV12ベルリネッタ、「599GTO」が北京モーターショーでベールを脱ぐ。「GTO」の名は、古くは1960年代の「250GTO」がそうであったように、GTカーレースに出場するためのホモロゲーションモデル(認証取得モデル)であることを意味する。ベースとなった車両が素の「599」ではなく、そのワンメイクレース仕様の「599XX」であることも、このクルマの素性を物語っている。「599GTO」は、ロードゴーイングカーでありながら、限りなくサーキット仕様に近いモデルなのである。

フロントに搭載されるエンジンは、「599」に比べ、50ps増しとなる670psのV12。最大トルクも3.1kgm大きくなり、63.2kgmを発生する。組み合わされるトランスミッションは、2ペダル式MTの「F1トランスミッション」。出力の向上に加え、こちらもギアチェンジを0.06秒以下で終えられるようセットアップされた。実際の0-100km/h加速タイムは、599の3.7秒を大きくしのぐ、3.35秒をマーク。最高速は335km/hで、フィオラノサーキットのラップタイムも、フェラーリ史上最速ランクに位置する1分24秒を記録したという。

これらハイパフォーマンス実現のためのポイントしては、エンジン以外に、車体の軽量化やエアロダイナミクスも貢献しているという。薄型ガラスを含め、ボディ各部の素材は軽量なものに置換された結果、パワーウエイトレシオは2.23kg/psを達成。また、専用のエアロパーツを採用したことにより、200km/h走行時に144kgものダウンフォースが得られるなど、高速走行時の操縦安定性も高まったとされる。

シャシーでは、ロール剛性を高めるための強化スプリングやスタビライザー、磁性流体を使ったサスペンション「SCM」の進化バージョンが「SCM2」見どころ。タイヤはミシュランの「スーパースポーツ」が採用され、サイズはフロントが285/30ZR20、リアは315/35ZR20となっている。

かような「フェラーリ599GTO」、その名にちなんだ599台限定で販売されるとのことだ。

(webCG 曽宮)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)/カムリG(FF/CVT)【試乗記】 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されているトヨタ伝統のセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームや新開発エンジンを投入し「ゼロからすべてを見直した」という10代目の走り、そして乗り心地を報告する。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【レビュー】 2017.7.26 試乗記 さらなるパワーと洗練を得て「ランボルギーニ・アヴェンタドール」が「アヴェンタドールS」に進化した。その実力を試す舞台に選ばれたのは鈴鹿サーキットだったが、ご覧のとおりの悪天候。このコンディションだと、いかに「S」といえども……。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る