スズキ、「ジムニー」誕生40周年記念車を発売

2010.04.09 自動車ニュース

スズキ、「ジムニー」「ジムニーシエラ」に誕生40年記念の特別仕様車

スズキは、軽SUV「ジムニー」とコンパクトSUV「ジムニーシエラ」に専用装備を与えた特別仕様車を設定し、2010年4月20日に発売する。

1970年4月に初代が発売された軽四輪駆動車「ジムニー」が誕生40年を迎えた。これを記念し、「ジムニー」とその兄貴分にあたる「ジムニーシエラ」に特別仕様車「X-Adventure(クロスアドベンチャー)」を設定、発売される。

「ジムニー クロスアドベンチャーXC」「ジムニーシエラ クロスアドベンチャー」には、LEDサイドターンランプ付きドアミラーやロゴ入りの専用アルミ製スペアタイヤハウジング/フロアマットなどを装備。さらに、シート表皮には水や汚れを拭き取りやすい素材を採用し、本革巻きステアリングホイールも用意された。「40th Anniversary」キーホルダーも添えられる。加えて「ジムニー クロスアドベンチャーXC」には専用フロントメッキグリルやアルミホイールなども装着される。
両車ともにボディカラーには新色の赤を含む、全5色を設定。価格は「ジムニー クロスアドベンチャーXC」が152万4600円(4WD/5MT)と163万2750円(4WD/4AT)、「ジムニーシエラ クロスアドベンチャー」が165万5850円(4WD/5MT)と176万4000円(4WD/4AT)。

同時に、レギュラーラインナップより廉価な「ジムニー クロスアドベンチャーXA」も、600台限定で発売される。ベーシックグレード「XG」から、パワーウィンドウやシガーライターなどの装備が省かれ、さらにエクステリアも前後バンパー、フェンダーアーチモール、ドアミラーは無塗装(黒)のままとされる“素”のジムニーである。
ボディカラーは全3色で、トランスミッションはMTのみが用意される。価格は「XG」5MT車より11万250円安い、114万9750円。

(webCG 本諏訪)

「ジムニー クロスアドベンチャーXC」
「ジムニー クロスアドベンチャーXC」
「ジムニー クロスアドベンチャーXC」のインテリア。
「ジムニー クロスアドベンチャーXC」のインテリア。
「ジムニーシエラ クロスアドベンチャー」
「ジムニーシエラ クロスアドベンチャー」
「ジムニー クロスアドベンチャーXA」
「ジムニー クロスアドベンチャーXA」

関連キーワード:
ジムニージムニーシエラスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニー ランドベンチャー(4WD/4AT)【試乗記】 2015.1.15 試乗記 今年でデビュー17年目を迎える現行型「スズキ・ジムニー」。自家用車としては異例ともいえるロングセラーモデルの「ご長寿の秘訣(ひけつ)」を探った。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • 【東京モーターショー2017】スバル、「BRZ STIスポーツ」を発表NEW 2017.9.25 自動車ニュース スバルが「BRZ STIスポーツ」を東京モーターショーで発表する。スバルとSTIが共同開発した「BRZ」の最上級グレードで、ボディー剛性の向上と足まわりの専用チューニングにより、ドライバーが意のままに操れるハンドリング特性と上質な乗り心地を実現している。
  • 【東京モーターショー2017】スズキが「キャリイ軽トラいちコンセプト」を世界初公開 2017.9.22 自動車ニュース スズキが、東京モーターショーに「キャリイ軽トラいちコンセプト」を出展。収納力を高めた広いキャビンと、工夫の凝らされた荷台まわりが特徴で、女性のお買い物やレジャーにも使えるよう、内外装のデザインや運転のしやすさにも配慮がなされている。
ホームへ戻る