スズキ、「ジムニー」誕生40周年記念車を発売

2010.04.09 自動車ニュース

スズキ、「ジムニー」「ジムニーシエラ」に誕生40年記念の特別仕様車

スズキは、軽SUV「ジムニー」とコンパクトSUV「ジムニーシエラ」に専用装備を与えた特別仕様車を設定し、2010年4月20日に発売する。

1970年4月に初代が発売された軽四輪駆動車「ジムニー」が誕生40年を迎えた。これを記念し、「ジムニー」とその兄貴分にあたる「ジムニーシエラ」に特別仕様車「X-Adventure(クロスアドベンチャー)」を設定、発売される。

「ジムニー クロスアドベンチャーXC」「ジムニーシエラ クロスアドベンチャー」には、LEDサイドターンランプ付きドアミラーやロゴ入りの専用アルミ製スペアタイヤハウジング/フロアマットなどを装備。さらに、シート表皮には水や汚れを拭き取りやすい素材を採用し、本革巻きステアリングホイールも用意された。「40th Anniversary」キーホルダーも添えられる。加えて「ジムニー クロスアドベンチャーXC」には専用フロントメッキグリルやアルミホイールなども装着される。
両車ともにボディカラーには新色の赤を含む、全5色を設定。価格は「ジムニー クロスアドベンチャーXC」が152万4600円(4WD/5MT)と163万2750円(4WD/4AT)、「ジムニーシエラ クロスアドベンチャー」が165万5850円(4WD/5MT)と176万4000円(4WD/4AT)。

同時に、レギュラーラインナップより廉価な「ジムニー クロスアドベンチャーXA」も、600台限定で発売される。ベーシックグレード「XG」から、パワーウィンドウやシガーライターなどの装備が省かれ、さらにエクステリアも前後バンパー、フェンダーアーチモール、ドアミラーは無塗装(黒)のままとされる“素”のジムニーである。
ボディカラーは全3色で、トランスミッションはMTのみが用意される。価格は「XG」5MT車より11万250円安い、114万9750円。

(webCG 本諏訪)

「ジムニー クロスアドベンチャーXC」
「ジムニー クロスアドベンチャーXC」 拡大
「ジムニー クロスアドベンチャーXC」のインテリア。
「ジムニー クロスアドベンチャーXC」のインテリア。 拡大
「ジムニーシエラ クロスアドベンチャー」
「ジムニーシエラ クロスアドベンチャー」 拡大
「ジムニー クロスアドベンチャーXA」
「ジムニー クロスアドベンチャーXA」 拡大

関連キーワード:
ジムニージムニーシエラスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • 新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」発表会の会場から 2018.7.5 画像・写真 20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。東京・渋谷で催された発表会の様子を、会場に展示された新旧モデルや、ランニングシャシーの詳細とともにお届けする。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • スズキ、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」を発売 2018.7.5 自動車ニュース 4代目となる新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」が登場。ラダーフレームと前後リジッドアクスル、副変速機付きパートタイム4WDが織り成す強力なオフロード性能はそのままに、より悪路を安心して走れる新機能や、予防安全装備なども採用されている。
  • スズキ、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の情報を先行公開 2018.6.18 自動車ニュース スズキが、7月に発表される4代目となる新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部情報を先行公開した。先祖返りしたようなクロスカントリー車然としたデザインが特徴で、中身もラダーフレームやパートタイム4WDといったメカニズムは踏襲されている。
ホームへ戻る