スズキ、「ジムニー」誕生40周年記念車を発売

2010.04.09 自動車ニュース

スズキ、「ジムニー」「ジムニーシエラ」に誕生40年記念の特別仕様車

スズキは、軽SUV「ジムニー」とコンパクトSUV「ジムニーシエラ」に専用装備を与えた特別仕様車を設定し、2010年4月20日に発売する。

1970年4月に初代が発売された軽四輪駆動車「ジムニー」が誕生40年を迎えた。これを記念し、「ジムニー」とその兄貴分にあたる「ジムニーシエラ」に特別仕様車「X-Adventure(クロスアドベンチャー)」を設定、発売される。

「ジムニー クロスアドベンチャーXC」「ジムニーシエラ クロスアドベンチャー」には、LEDサイドターンランプ付きドアミラーやロゴ入りの専用アルミ製スペアタイヤハウジング/フロアマットなどを装備。さらに、シート表皮には水や汚れを拭き取りやすい素材を採用し、本革巻きステアリングホイールも用意された。「40th Anniversary」キーホルダーも添えられる。加えて「ジムニー クロスアドベンチャーXC」には専用フロントメッキグリルやアルミホイールなども装着される。
両車ともにボディカラーには新色の赤を含む、全5色を設定。価格は「ジムニー クロスアドベンチャーXC」が152万4600円(4WD/5MT)と163万2750円(4WD/4AT)、「ジムニーシエラ クロスアドベンチャー」が165万5850円(4WD/5MT)と176万4000円(4WD/4AT)。

同時に、レギュラーラインナップより廉価な「ジムニー クロスアドベンチャーXA」も、600台限定で発売される。ベーシックグレード「XG」から、パワーウィンドウやシガーライターなどの装備が省かれ、さらにエクステリアも前後バンパー、フェンダーアーチモール、ドアミラーは無塗装(黒)のままとされる“素”のジムニーである。
ボディカラーは全3色で、トランスミッションはMTのみが用意される。価格は「XG」5MT車より11万250円安い、114万9750円。

(webCG 本諏訪)

「ジムニー クロスアドベンチャーXC」
「ジムニー クロスアドベンチャーXC」
「ジムニー クロスアドベンチャーXC」のインテリア。
「ジムニー クロスアドベンチャーXC」のインテリア。
「ジムニーシエラ クロスアドベンチャー」
「ジムニーシエラ クロスアドベンチャー」
「ジムニー クロスアドベンチャーXA」
「ジムニー クロスアドベンチャーXA」

関連キーワード:
ジムニージムニーシエラスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニー ランドベンチャー(4WD/4AT)【試乗記】 2015.1.15 試乗記 今年でデビュー17年目を迎える現行型「スズキ・ジムニー」。自家用車としては異例ともいえるロングセラーモデルの「ご長寿の秘訣(ひけつ)」を探った。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ クアドリフォリオ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.12.27 試乗記 アルファ・ロメオの新型SUV「ステルヴィオ」に高性能バージョンの「クアドリフォリオ」が加わった。510psを絞り出す2.9リッターV6ツインターボユニットを得て、その走りはどう変わったか? アラブ首長国連邦随一の峠道に挑む。
ホームへ戻る