【スペック】全長×全幅×全高=4970×1875×1460mm/ホイールベース=2910mm/車重=1960kg/駆動方式=FR/5リッターV8DOHC32バルブ・スーパーチャージャー付き(470ps/6000-6500rpm、58.6kgm/2500-5500rpm)/価格=1050.0万円(テスト車=同じ)

ジャガーXF スーパーチャージド(FR/6AT)【試乗記】

身軽なジャガー 2010.04.08 試乗記 ジャガーXF スーパーチャージド(FR/6AT)
……1050.0万円

ジャガーのスポーティセダン「XF」に、470psのスーパーチャージドエンジンを搭載した限定モデルが登場。強心臓がもたらす走りと、その乗り心地をリポートする。

15台の斥候隊

「ジャガーXF スーパーチャージド」は、新型「XJ」に搭載される、470psの5リッタースーパーチャージドエンジンを先取りして積んだ15台の限定車である。価格は1050万円。
その「ジャガーXF」は、ジャガー車の中でも先進技術のパイロットモデルとしての役目を担っている。あまりにも偉大な「XJ」シリーズは、3ボックスノッチバックセダンの典型として、ジャガーのイメージを強く固定してしまった。強烈すぎた「XJ」から次の世代に向け、新しくイメージを発展進化させるために誕生したのが「XF」だ。4ドアクーペのようなセダンは、登場当時はまだ珍しく、斬新ではあったが多少の違和感も伴った。しかし今ではエコ時代とあって、空力を意識したスタイリングはボックス型のクルマからセダンにもおよび、軒並みなだらかなルーフや傾斜の強いウィンドウを持つようになった。つまり、「XF」はコンセプトとして見事に成功した。

そして新型「XJ」もすでにご承知のとおり、「XF」に似たルーフラインを採る。よって次なる手として、「XJ」に搭載されるエンジンをあらかじめ「XF」に載せて、市場の反応をみようというわけだ。

4本出しの「クワッドエグゾーストパイプフィニッシャー」や、大径20インチの専用アロイホイールが外観上の特徴となる。
4本出しの「クワッドエグゾーストパイプフィニッシャー」や、大径20インチの専用アロイホイールが外観上の特徴となる。
470psの「XF スーパーチャージド」は、日本導入15台の限定モノ。385psの5リッターNAユニット搭載モデルと510psの5リッタースーパーチャージドユニットを積む「XFR」の間に位置する。
470psの「XF スーパーチャージド」は、日本導入15台の限定モノ。385psの5リッターNAユニット搭載モデルと510psの5リッタースーパーチャージドユニットを積む「XFR」の間に位置する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXE 2.0プレステージ(FR/8AT)/XE 2.5ポートフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2015.9.18 試乗記 200psか240psか? 「ジャガーXE」に関心を持つ人にとって悩ましいのは、2リッター直4ターボエンジンのどちらの仕様がよりジャガーらしいのか、ということではないだろうか。「2.0プレステージ」と「2.5ポートフォリオ」に比較試乗した。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • ジャガーXF 20d ピュア(FR/8AT)/XF 25t プレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.26 試乗記 ボディーにアルミニウムを大々的に採用し、先進的なインフォテインメントシステムを搭載するなど、大きく飛躍したジャガーの新型「XF」。2リッターディーゼルエンジン搭載車と、同じく2リッターガソリンエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
ホームへ戻る