日産、ルノー、ダイムラーが戦略的提携を発表

2010.04.07 自動車ニュース

日産、ルノー、ダイムラーが戦略的提携を発表

ルノー・日産アライアンスとダイムラーAGは2010年4月7日、ベルギー・ブリュッセルにおいて戦略的提携を発表した。両グループは協業によって、幅広い分野におけるシナジー効果創出を狙う。両グループは同時に、株式の交換による相互出資も発表した。具体的には、ルノー・日産アライアンスがダイムラー株を3.1%、ダイムラーがルノー株及び日産株を各3.1%保有することになる。

ダイムラーAG取締役会長兼メルセデス・ベンツ会長 ディーター・ツェッチェは、「ダイムラーとルノー・日産アライアンスは、複数の具体的かつ優れた共同プロジェクトを土台とする、確かな戦略に基づく大きな可能性を秘めた関係を築くことに合意した。両グループには高い補完性があり、力を合わせることで、当社は速やかに小型車セグメントで長期的な競争力を向上するとともに、CO2排出量削減が実現できる。我々は、共通の設計思想の下で、それぞれのブランドに沿った商品を開発することができると信じている。ブランド・アイデンティティを損なうことは一切ない」と語った。

一方、ルノー・日産アライアンスの会長兼CEO カルロス・ゴーンは、「ルノー・日産アライアンスは、長年にわたる経験から、アライアンス・パートナーと協業するすべを熟知しており、これは現在だけでなく将来においても、グローバル自動車業界で戦っていく上でたいへん貴重なノウハウである。今回の合意で、戦略的なパートナーシップをさらに拡充し、商品ラインアップの強化、リソースの有効活用、革新的技術の開発を通じ、両グループが将来的に発展する上で必要な長期的価値を生み出していく」と語った。

両グループが合意したプロジェクトは、下記のとおり。

◆小型車の共同開発
現行「スマート・フォートゥー(2人乗り)」と次世代「スマート・フォーフォー(4人乗り)」、そして次世代「ルノー・トゥインゴ」は、それぞれデザインは異なるものの、共同開発される設計思想(RRの駆動方式を含む)に基づく車体構造を採用する。

共同開発モデルは2013年以降に市場投入を予定。現在スマートを生産しているフランスのハンバッハ工場で「フォートゥー」が生産される一方、ルノーのスロベニア ノヴォ・メスト工場で「フォーフォー」と「トゥインゴ」が生産される予定である。なお、それぞれの電気自動車(EV)も同時期に用意されるとのこと。

◆パワートレインの共有化
パワートレインの領域では三社間で、高効率のディーゼルエンジンとガソリンエンジンの共用化を進める。

ルノー・日産アライアンスは、3気筒と4気筒のガソリンエンジン及びディーゼルエンジンをダイムラーに供給し、メルセデス・ベンツはそれを独自の仕様にあらためて採用する。
ダイムラーは、日産インフィニティブランドの現行モデル向けに、4気筒、6気筒を含むガソリンエンジンとディーゼルエンジンを供給する。

三社は、今後もガソリンエンジンとディーゼルエンジンの共同開発を進める。このエンジン領域における協業は、コスト競争力向上が最大の目的だ。それぞれのブランド・商品のアイデンティティを尊重するうえで、まずはブランド価値に影響の少ない、構成部品の標準化から促進していくとのこと。

◆小型商用車での連携
メルセデス・ベンツは2012年以降、ルノーの技術を採用したエントリーレベルの商用バンを小型商用車ラインアップに追加する。同モデルは、ルノーのモーブージュ工場で生産される予定。

さらに、ルノー・日産アライアンスは、中型バンの「メルセデス・ベンツ ヴィト」向けに小型ディーゼルエンジンとトランスミッションを供給する。

◆株式交換による相互出資
ルノー・日産アライアンスがダイムラーの株式の3.1%、ダイムラーがルノーの株式の3.1%と日産の株式の3.1%を、それぞれ持ち合う。

◆協業分野の拡大
両グループは、将来的な協業の可能性も視野に入れ、長期的な協力関係の枠組みを構築する意向だ。例えば、EVとバッテリー技術の共同開発の可能性を三社で模索するなど、今後も更に協業分野を拡大すべく、あらゆる可能性を検討していくとのことである。

(webCG)

日産、ルノー、ダイムラーが戦略的提携を発表

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。