【スペック】全長×全幅×全高=4815×1945×1390mm/ホイールベース=2745mm/車重=2240kg/駆動方式=4WD/6リッターW12DOHC48バルブターボ(630ps/6000rpm、81.6kgm/1700-5600rpm)/価格=3150.0万円(テスト車=同じ ※一部日本仕様と異なる装備あり)

ベントレー・コンチネンタル スーパースポーツ(4WD/6AT)【試乗記】

振り回せるベントレー 2010.04.07 試乗記 ベントレー・コンチネンタル スーパースポーツ(4WD/6AT)
……3150.0万円

“史上最速のベントレー”を声高に主張する「コンチネンタル スーパースポーツ」が日本デビュー! その実力をサーキットで試した。

エコも気づかう12気筒

史上最強・最速のベントレーが登場した。こんな時代に打ち立てた開発ターゲットがスゴイ。加速性能で0-100km/h=4秒をきる。そのために、ベースの「コンチネンタルGTスピード」(0-100km/h=4.5秒)を110kg軽量化する。さらには“こんな時代”にも配慮して、環境性能にも新機軸を盛り込んだ。それが「コンチネンタル スーパースポーツ」である。

610psにまでチューンされていた6リッターW12ツインターボのブースト圧をさらに上げ、ECUのプログラムを変更し、吸排気系も見直して、630psを得ている。その一方(日本では恩恵に浴せないが)このエンジンは、CO2削減に貢献するエタノール含有のバイオ燃料「E85」でも走ることができる。

マイナス110kgを達成したダイエットの内訳は、カーボン・セラミック・ブレーキの標準装備、専用のシートやアルミホイールの採用などが主だが、見た目に最もドラスティックな減量策はリアシートの撤廃である。世界一ぜいたくな4座クーペというコンチネンタルの看板をかなぐり捨て、ベントレー史上初の2シーターとした。ただ、これは一部ベントレー・ボーイズの不評を買ったとみえ、望めば"後席付き"も選ぶことができる。オプションで69万1500円。3150万円のプライスタグからすると、安い。というか、それだけなら買える! と思った。

630psを発生する心臓部。ベントレーは、2012年までにCO2排出量を15%削減するという目標のもと、新しいパワートレインを開発中だという。
630psを発生する心臓部。ベントレーは、2012年までにCO2排出量を15%削減するという目標のもと、新しいパワートレインを開発中だという。
シートには豪華な装飾が施されてはいるが、形状はスパルタン。通常のシートより1脚あたり21kg(!)も軽い。
シートには豪華な装飾が施されてはいるが、形状はスパルタン。通常のシートより1脚あたり21kg(!)も軽い。
ベントレー史上初の“リアシートレス”キャビン。左右を結ぶカーボンのポールは、剛性強化のためではなく、荷物の落下を防ぐためのもの。オプションで4座とすることもできる。
ベントレー史上初の“リアシートレス”キャビン。左右を結ぶカーボンのポールは、剛性強化のためではなく、荷物の落下を防ぐためのもの。オプションで4座とすることもできる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る