【スペック】全長×全幅×全高=4870×1795×1470mm/ホイールベース=2850mm/車重=1850kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(296ps/6400rpm、37.5kgm/4800rpm)、交流同期電動機(200ps、 28.0kgm)/価格=620万円(テスト車=638万6900円)

トヨタ・クラウンハイブリッド“Gパッケージ”(FR/CVT)【ブリーフテスト】

トヨタ・クラウンハイブリッド“Gパッケージ”(FR/CVT) 2010.04.06 試乗記 ……638万6900円
総合評価……★★★

トヨタ伝統のブランド「クラウン」のハイブリッドモデルも、デビューから約2年が経った。エコカー市場が拡大する今、その魅力を再確認する。

新たな“日本の高級車”として

2010年2月にマイナーチェンジを受けた新型「クラウン」の広告を見ると、大きくうたわれているのは環境性能の話であり、エコカー減税の話であり、そして価格の話である。そしてビジュアルを見ても、前面には「ハイブリッド」が立ち、「アスリート」と「ロイヤル」を従えている。まるで今がどんな時代かを象徴しているようであり、またクラウンのラインナップの中でのハイブリッドの役割の大きさが、よく表れているように思う。
変更されたポイントはアスリート/ロイヤルに比べると少ない。エクステリアの意匠がこれまでのアスリートに準じたものからロイヤル系のそれに変更されたのが、最大のトピックと言ってもいいだろう。個人的には、やたら青が目立った前後のレンズの色が落ち着いたのも小さくない変更だと感じる。また、それを含めた装備の見直しなどによって、価格が引き下げられているのも目をひくところだろうか。
しかし、それはクラウンハイブリッドが、今の時代に対応する十分な商品力をすでに持っていたということだとも解釈できる。実質的にフラッグシップとなるモデルにふさわしい345psのシステム出力と、15.8km/リッターという好燃費との両立したハイブリッドシステムの実力は、今もまだ追随する者は現れていない。そしてあらためて走らせてみても、その魅力を十分に堪能することができた。
とはいえ、先進的なハイブリッドというパワートレインを得て、良くも悪くもクラウンの歴史や伝統に縛られたクルマの、時代と乖離(かいり)した感覚が、より強調されてしまっている感はある。メーター意匠や煩雑なスイッチ類に代表されるようなインテリアのしつらえであったり、シートのつくりであったり、あるいは走りの感触についても、あくまで“日本の高級車”として、新たな次元を志向してもいいころでは? そんなクラウンのハイブリッドだからこそ面白いのだとも思いつつ、未来へ通じるなにかにも期待を抱いてしまった。時代は刻一刻と変化しているのだから。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クラウン ロイヤルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る