一段とタフに見える「日産エクストレイル」発売

2012.10.03 自動車ニュース

一段とタフに見える「日産エクストレイル」発売

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2012年10月3日、SUV「エクストレイル」の特別仕様車「ブラックエクストリーマーX」を発売した。

今回新たに設定された特別仕様車は「日産エクストレイル」の2リッターガソリン車「20Xtt」をベースとする「20XttブラックエクストリーマーX」(4WD/CVT)と、2リッタークリーンディーゼルエンジン搭載の「20GT」がベースの「20GTブラックエクストリーマーX」(4WD/6AT)、同(4WD/6MT)の計3種。
専用のフロントオーバーライダーやアンダーカバー、大型フォグランプなどで外装をドレスアップし、フロントグリルやアルミホイールなどにダークなカラーリングを採用することで、そのタフなイメージを一段と強調したという。

主な特別装備は、以下のとおり。

・専用ダーククロムフロントグリル
・専用フロントオーバーライダー(ダーククロムフィニッシュ)
・専用ダークメタリックフロントアンダーカバー
・専用大型フロントフォグランプ&専用ダークメタリックフォグランプフィニッシャー
・専用ダークメタリックリアアンダーカバー
・専用ダークメタリック18インチアルミホイール
・サイドガードモール
・マッドガード
・ハイパールーフレール

なお、ボディーカラーは黒系のダイヤモンドブラック以外に、バーニングレッド、ブリリアントホワイトパール、ブリリアントシルバーを加えた全4色が用意される。

価格は、「20XttブラックエクストリーマーX」が274万500円。「20GTブラックエクストリーマーX」は、6AT車が341万9850円で6MT車が336万7350円となる。

(webCG)

「日産エクストレイル20XttブラックエクストリーマーX」
「日産エクストレイル20XttブラックエクストリーマーX」

関連キーワード:
エクストレイル日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
  • 日産エクストレイル モード・プレミア ハイブリッド(4WD/CVT)【試乗記】 2017.8.21 試乗記 日本はもちろん、欧米でも支持を得ている日産のSUV「エクストレイル」。そのラインナップにおいて、唯一の“都会派モデル”となっているオーテックの「モード・プレミア」に試乗。グローバルカーならではの魅力に触れた。
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記
  • 日産が「エクストレイル」をマイナーチェンジ 2017.6.8 自動車ニュース