第3戦マレーシアGP決勝結果【F1 2010 速報】

2010.04.04 自動車ニュース

【F1 2010 速報】第3戦マレーシアGP、レッドブル1-2、ベッテル悲願の今季初優勝

F1世界選手権第3戦マレーシアGP決勝が、2010年4月4日、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキット(5.543km)を56周して行われた。

南国特有のスコールが懸念されたが、レース中に雨雲がコース上を通過することはなかった。ドライコンディションのなか、過去2戦“速いが脆い”ことを露呈していたレッドブル・ルノーが覚醒し、チーム通算5回目となる1-2フィニッシュを達成。優勝はセバスチャン・ベッテル、ポールシッターのマーク・ウェバーは2位でゴールした。

3位にはニコ・ロズベルグが入り、新生メルセデスGPに初のポディウムを献上した。

前戦オーストラリアで2位と健闘したルノーのロバート・クビサがマレーシアでは4位。もはや弱小チームとはいえないフォースインディア・メルセデスはエイドリアン・スーティルが5位でチェッカードフラッグをくぐり抜けた。
そのスーティルを抜けずに終わったのは、予選で失敗したマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンで6位、以下同じく予選でつまずいたフェラーリのフェリッペ・マッサ7位、オーストラリアのウィナー、マクラーレンのジェンソン・バトン8位、前戦辛くもポイントを逃したトロロッソ・フェラーリのハイメ・アルグエルスアリは9位完走で自身初得点、ウィリアムズ・コスワースのニコ・ヒュルケンベルグが10位で最後の1点を獲得した。

以下、11位セバスチャン・ブエミ(トロロッソ)、12位ルーベンス・バリケロ(ウィリアムズ)、13位フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、14位ルーカス・ディ・グラッシ(バージン・コスワース)、15位カルン・チャンドック(HRTコスワース)、16位ブルーノ・セナ(HRT)、17位ヤルノ・トゥルーリ(ロータス・コスワース)が完走した。

レッドブルが3戦目にしてようやく優勝。ドライバーズチャンピオンシップ首位は39点獲得のマッサだが、その背後では、ベッテルが2位アロンソと同じ37点で3位に上昇してきた。4位バトンと5位ロズベルグはともに35点、6位ハミルトンは31点、7位クビサ30点、8位ウェバー24点と、混戦のシーズン序盤となってきた。

コンストラクターズポイントは、フェラーリが76点で首位。2位マクラーレンは66点、3位レッドブル61点、4位メルセデス44点と、上位は予想通りのトップ4で占められている。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。