「フィアット・パンダ」、内外装に小変更

2010.04.02 自動車ニュース

「フィアット・パンダ」、内外装に小変更

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは、「フィアット・パンダ」シリーズに小変更を加え、2010年4月3日に発売する。

フィアットのコンパクトカー「パンダ」シリーズの内外装に手が加えられた。
ベーシックモデルの「パンダ」と、ルーフレールや電動サンルーフなどを備える上級モデル「パンダMaxi」ともに、フロントグリルやドアミラー、メーターパネルのデザインを変更。さらに、「パンダ」はホイールキャップのデザインが変更され、「パンダMaxi」は、ルーフレールの色が黒から銀色に改められた。

価格は据え置きで、「パンダ」が172.0万円。「パンダMaxi」は192.0万円。

(webCG 関)

「フィアット・パンダMaxi」
「フィアット・パンダMaxi」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パンダの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る