スバル、「インプレッサWRX STI」のセダン版を発表

2010.04.02 自動車ニュース

スバル、「インプレッサWRX STI」のセダン版を発表

富士重工業は2010年4月1日、ニューヨークモーターショーに北米仕様の「インプレッサWRX STI」(2011年モデル)を出展したと発表した。

■迫力のワイドボディを採用

スバルは、「インプレッサ」の北米ラインナップに、「WRX STI」の4ドアセダンモデルを追加する。

2011年モデルで新たに追加される4ドア版の「WRX STI」は、従来の「WRX」(4ドア)よりもワイドなボディや、専用チューンの足まわりを持つホットモデル。車体のワイド化に伴い、シャシーもワイドトレッド化(フロント35mm、リア40mm)され、コーナリング性能とハンドリング性能の向上が図られている。

足まわりには、WRXより車高が5mmほど低められたスプリングや、アルミ製フロントロアアームなどを採用。リアサスペンションは、アームリア側のブッシュがピロボールタイプへと改められ、各部の剛性アップが図られた。これにより、ドライバーのステアリング操作により忠実なハンドリング性能を実現したという。なお、サスペンションのセッティングは、ドイツのニュルブルクリンクを走り込んで煮詰めたとうたわれる。

外観は、バンパーコーナーの張り出しやフォグランプまわりがブラックアウト化されたほか、フロントグリルに黒基調の新デザインを採用。また、専用大型リアスポイラーが採用され、同時にリアフェンダーの面をリアコンビランプより外側に位置させるなど、リアの厚みを強調したデザインとされた。

なお、今回「WRX STI」の4ドアが追加されたのを機に、従来ラインナップされる4ドア版「WRX」も同様にボディがワイド化された。また、グリルやバンパー類などの外観の変更は、5ドアの「WRX」と「WRX STI」にも施される。

エンジンスペックはこれまでと変更なく、「WRX STI」が最高出力305hp/6000rpm、最大トルク40kgm/4000rpm。「WRX」は最高出力265hp/6000rpm、最大トルク33.7kgm/4000rpm。北米仕様ではいずれのモデルも2.5リッター水平対向4気筒ターボを搭載する。

なお、4ドア版「WRX STI」の生産は日本国内で行われるものの、国内導入の予定はないとのこと。

(webCG 曽宮)

インプレッサ WRX STIセダン
インプレッサ WRX STIセダン 拡大
スバル、「インプレッサWRX STI」のセダン版を発表の画像 拡大

スバル、「インプレッサWRX STI」のセダン版を発表の画像 拡大
インプレッサWRX STIのボディサイズは、全長が4580mm(4ドア)、4415mm(5ドア)、全幅は1795mm、全高は1470mm。
インプレッサWRX STIのボディサイズは、全長が4580mm(4ドア)、4415mm(5ドア)、全幅は1795mm、全高は1470mm。 拡大

関連キーワード:
インプレッサスバルイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • 「スバル・インプレッサ」にお得な価格設定の特別仕様車 2018.2.26 自動車ニュース スバルは2018年2月26日、「インプレッサ」にスバル60周年記念特別仕様車「1.6i-L EyeSight Sスタイル」を設定し、同年4月24日に発売すると発表した。同車は、すでに2月1日に先行受注を開始している。
  • スバルが「インプレッサ」を一部改良 アイサイトの機能強化 2017.9.11 自動車ニュース スバルは2017年9月11日、「インプレッサ」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。先進運転支援システム「アイサイト」の夜間走行における歩行者認識性能を強化したほか、後退時自動ブレーキシステムを追加した。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
ホームへ戻る