ダークなパーツが映える「日産ジューク」発売

2012.10.03 自動車ニュース

ダークなパーツが映える「日産ジューク」発売

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2012年10月3日、クロスオーバーSUV「ジューク」の特別仕様車「ジューク15RXアーバンセレクション スタイリッシュブラックパッケージ」を設定し、発売した。

「日産ジューク」の「15RXアーバンセレクション スタイリッシュブラックパッケージ」は、1.5リッターの自然吸気エンジンを積む「15RX TypeV」(FF車)をベースに、立体駐車場での使用を考慮して専用サスペンションで車高を15mm下げ、ダークな色調のフロントグリルやアルミホイールでドレスアップした特別仕様車。

具体的には、以下の特別装備が与えられる。

・クールブラックフロントグリル
・クールブラックバックドアモール
・Urban Selectionエンブレム
・ローダウンサスペンション
・クールブラック17インチアルミホイール+215/55R17ラジアルタイヤ
・エキゾーストフィニッシャー
・キセノンヘッドランプ

ボディーカラーは、特別色のブリリアントホワイトパールおよびメローゴールドのほか、サファイアブラック、ラディアントレッドを加えた全4色が用意される。

価格は204万7500円。

(webCG)

「日産ジューク15RXアーバンセレクション スタイリッシュブラックパッケージ」
「日産ジューク15RXアーバンセレクション スタイリッシュブラックパッケージ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その16) 2017.3.10 画像・写真 ベントレーモーターズは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、ラグジュアリークラスのEVを提案するコンセプトカー「EXP 12 スピード6e」などを披露した。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る