「クライスラーPTクルーザー」に最後の特別仕様車

2010.04.01 自動車ニュース

「クライスラーPTクルーザー」に最後を締めくくる限定車

クライスラー日本は2010年4月1日、生産終了が決定した「クライスラーPTクルーザー」に、最後の特別仕様車「PTクルーザー ファイナルエディション」を設定し、販売を開始した。

■HDDカーナビが付いて価格据え置き

2000年の発売以来、全世界で累計135万台が販売された「PTクルーザー」の生産終了が決定した。クライスラー日本は、PTクルーザーに最後の特別仕様車「PTクルーザー ファイナルエディション」を設定。50台限定で販売する。

ファイナルエディションは、上級グレードの「PTクルーザーリミテッド」をベースに、HDDナビゲーションキットを装備したモデル。ボディカラーは、ブリリアントブラッククリスタルのみ。なお、このモデルには、クロームフロントグリルメッシュと大型リアスポイラーが標準装備される。

価格は据え置きとされ、339万8850円。

(webCG 曽宮)

クライスラー PTクルーザー ファイナルエディション
クライスラー PTクルーザー ファイナルエディション

「クライスラーPTクルーザー」に最後の特別仕様車の画像

「クライスラーPTクルーザー」に最後の特別仕様車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

PTクルーザー カブリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー・クロスファイア(5AT)【試乗記】 2004.1.29 試乗記 クライスラー・クロスファイア(5AT)
    ……490.0万円

    ダイムラーとクライスラーが合併した恩恵で(?)生まれた、「メルセデスベンツSLK」ベースのクライスラー車「クロスファイア」。自動車ジャーナリストの渡辺慎太郎は、“SLK風味”が濃いアメ車に乗って、あることに気が付いた。


  • クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)【海外試乗記】 2004.9.9 試乗記 クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)

    ダイムラーとクライスラーの血を受けた「クロスファイア」にオープンモデルが追加され、日本でも2004年9月4日に発売された。一足先に海外で試乗した、自動車ジャーナリストの森口将之は、なにを思ったか?


  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
ホームへ戻る