第405回:「ホンダCR-Z」受注1万台記念インプレ&分析
 コイツはなるほど“スペシャルティリバイバル”だっ!!

2010.03.31 エッセイ

第405回:「ホンダCR-Z」受注1万台記念インプレ&分析 コイツはなるほど“スペシャルティリバイバル”だっ!!

若者に売れてるの!?

いやはやパーペキに予想ハズしましたよ、「ホンダCR-Z」。発売1カ月で国内受注1万台突破ーっ!! パチパチパチ〜。しかもそのうち20代独身層が15%で30代独身層が35%と、いま問題視される「若者のクルマ離れ」層が約半分とくる。そのうえ、MT車比率が40%!
びっくらこきましたぜ。いつから日本はそんなにスポーツカー天国になっちゃったの? それともハイブリッド+スポーツというコンセプトがそんなに斬新だった?

まずは広報に聞いてみたところ、面白い事を教えてくれた。

「デザインがウケてるし、走りがウケてるのはもちろんありますが、面白いのが下取りで、古い『インテグラ』や『プレリュード』からの買い換えが多いんですよ。たとえば初期型タイプRとか」
「ということはエコカー補助金対象車?」
「今はクルマの長期保有が増えてるといいますが、それは本当で13年以上前のクーペやスポーツハッチからの買い換えが多いんです」
「見事、時代を反映してますね」
「他社さんでいうと、『シルビア』とか『セリカ』とか『MR2』とか」
「なんだ、もろ1980〜90年代のスペシャリティユーザーじゃないですか。結局、昔のクーペ好きがCR-Zに集約されてるんですね」
「あとは“いいMT車がない”という方も多くて、それがMT率4割という結果につながったようです」

うーむなるほど。でも、これだけだと正直20〜30代の独身層へのウケ具合がよくわからない。ホントはもっと年配ウケなんじゃないの?

次に知り合いのホンダディーラーマンを直撃した。なんで若い人に売れてんの?
「いや、やはり違います。ウチは45歳以上が6割以上です。60代の子離れ層も多いし、若い人も少なくはないけど半分はちょっと……」

うぅむ。ま、データの整合性はさておき、ここでちょっとチェンジ・オブ・マインド、先日行われたCR-Z徳島試乗会を振り返ってみることにしよう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』