【スペック】“+Mスーパーチャージャー”350S:全長×全幅×全高=4730×1795×1415mm/ホイールベース=2850mm/車重=1580kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ・スーパーチャージャー付き(360ps/6400rpm、50.8kgm/3200rpm)/価格=502万8000円(テスト車=同じ)

トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”(FR/6AT)【試乗記】

ハートで勝負 2010.03.31 試乗記 トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”350S(FR/6AT)/“+Mスーパーチャージャー”プレミアム(FR/6AT)
……502万8000円/487万3000円

トヨタのセダン「マークX」に、スーパーチャージャーでパワーアップしたコンプリートカーが登場。いったいどんな走りなのか、『webCG』のコンドーと関がチェックしてみた。

普段着で「マジです!」

関(以下「せ」):今回の舞台は、サーキット。試乗するのはトヨタの……
コンドー(以下「コ」):スーパーなやつ? ひょっとして、「レクサスLFA」乗れんの? 待ってました!!

せ:ずばり、「マークX」です。
コ:なんで、セダンで、サーキットやねん! ていうか、「マークX」やったら海沿いのワインディングやろ。打ち寄せる荒波をズバーッと切り裂いてやなあ……。
せ:それは、テレビCM限定なんですよ……でも、この「マークX」ならできるかも!? トヨタモデリスタがチューンした、スーパーなコンプリートカーですから。
コ:見た目、思い切りフツーやで。グリルがちょっと違うくらい。モデリスタといえばエアロってイメージやけどなぁ。

せ:この新型「マークX」用にも、専用のエアロキット「モデリスタバージョン」が販売されてます。オプションでチョイスすることはできますよ。
コ:あ、リアのエンブレムも違うな。これ、「+M」(プラスエム)って何のこと?
せ:“M”はモデリスタの頭文字で、“本気仕様”の意味だそうです。ちなみに、ライトチューンの“なんちゃって仕様”、「Sports M」(スポーツエム)というのもありました。

コ:ホンキなんや。せやけど、普段着で「マジですっ」言うても伝わらんやろ。CMに出てくる佐藤浩市部長かて、勝負かかってるときは、気合はいったスーツ着るって。
せ:デキる男に、これ見よがしなドレスアップは無用でしょう。ハートで勝負!
コ:エンジンに手が入ってる言いたいわけね? たしかに、ここだけは強そうに見えるやん。
せ:スーパーチャージャーで武装してます。しかも、出どころはトヨタ系のレーシングチーム、トムスで――
コ:血統書つきってわけか。……なんや、カバーの形が心臓っぽい。

せ:そのエンジンを制御するコンピューターも変わっています。パワーアップに対応するため、足まわりもセットで交換。20mm車高が落ちてます。
コ:アタマも足腰も自信あり? じゃ、“デキる男”の実力、試してみよか。

写真の車両は、モデリスタのエアロパーツ(ディーラーオプション)でドレスアップしたもの。
写真の車両は、モデリスタのエアロパーツ(ディーラーオプション)でドレスアップしたもの。

トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”(FR/6AT)【試乗記】の画像
コンプリートカーのキモとなる、スーパーチャージドエンジン。カバーにはモデリスタとトムスのロゴが見られる。
コンプリートカーのキモとなる、スーパーチャージドエンジン。カバーにはモデリスタとトムスのロゴが見られる。

トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”(FR/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マークXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
ホームへ戻る