【スペック】“+Mスーパーチャージャー”350S:全長×全幅×全高=4730×1795×1415mm/ホイールベース=2850mm/車重=1580kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ・スーパーチャージャー付き(360ps/6400rpm、50.8kgm/3200rpm)/価格=502万8000円(テスト車=同じ)

トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”(FR/6AT)【試乗記】

ハートで勝負 2010.03.31 試乗記 トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”350S(FR/6AT)/“+Mスーパーチャージャー”プレミアム(FR/6AT)
……502万8000円/487万3000円

トヨタのセダン「マークX」に、スーパーチャージャーでパワーアップしたコンプリートカーが登場。いったいどんな走りなのか、『webCG』のコンドーと関がチェックしてみた。

普段着で「マジです!」

関(以下「せ」):今回の舞台は、サーキット。試乗するのはトヨタの……
コンドー(以下「コ」):スーパーなやつ? ひょっとして、「レクサスLFA」乗れんの? 待ってました!!

せ:ずばり、「マークX」です。
コ:なんで、セダンで、サーキットやねん! ていうか、「マークX」やったら海沿いのワインディングやろ。打ち寄せる荒波をズバーッと切り裂いてやなあ……。
せ:それは、テレビCM限定なんですよ……でも、この「マークX」ならできるかも!? トヨタモデリスタがチューンした、スーパーなコンプリートカーですから。
コ:見た目、思い切りフツーやで。グリルがちょっと違うくらい。モデリスタといえばエアロってイメージやけどなぁ。

せ:この新型「マークX」用にも、専用のエアロキット「モデリスタバージョン」が販売されてます。オプションでチョイスすることはできますよ。
コ:あ、リアのエンブレムも違うな。これ、「+M」(プラスエム)って何のこと?
せ:“M”はモデリスタの頭文字で、“本気仕様”の意味だそうです。ちなみに、ライトチューンの“なんちゃって仕様”、「Sports M」(スポーツエム)というのもありました。

コ:ホンキなんや。せやけど、普段着で「マジですっ」言うても伝わらんやろ。CMに出てくる佐藤浩市部長かて、勝負かかってるときは、気合はいったスーツ着るって。
せ:デキる男に、これ見よがしなドレスアップは無用でしょう。ハートで勝負!
コ:エンジンに手が入ってる言いたいわけね? たしかに、ここだけは強そうに見えるやん。
せ:スーパーチャージャーで武装してます。しかも、出どころはトヨタ系のレーシングチーム、トムスで――
コ:血統書つきってわけか。……なんや、カバーの形が心臓っぽい。

せ:そのエンジンを制御するコンピューターも変わっています。パワーアップに対応するため、足まわりもセットで交換。20mm車高が落ちてます。
コ:アタマも足腰も自信あり? じゃ、“デキる男”の実力、試してみよか。

写真の車両は、モデリスタのエアロパーツ(ディーラーオプション)でドレスアップしたもの。
写真の車両は、モデリスタのエアロパーツ(ディーラーオプション)でドレスアップしたもの。

トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”(FR/6AT)【試乗記】の画像
コンプリートカーのキモとなる、スーパーチャージドエンジン。カバーにはモデリスタとトムスのロゴが見られる。
コンプリートカーのキモとなる、スーパーチャージドエンジン。カバーにはモデリスタとトムスのロゴが見られる。

トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”(FR/6AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”(FR/6AT)【試乗記】 2010.3.31 試乗記 トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”350S(FR/6AT)/“+Mスーパーチャージャー”プレミアム(FR/6AT)
    ……502万8000円/487万3000円

    トヨタのセダン「マークX」に、スーパーチャージャーでパワーアップしたコンプリートカーが登場。いったいどんな走りなのか、『webCG』のコンドーと関がチェックしてみた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
ホームへ戻る