「MINI JCW」装備追加で価格見直し

2010.03.30 自動車ニュース

「MINI John Cooper Works」装備追加で価格見直し

BMWジャパンは、2010年3月以降に生産する「MINI John Cooper Works」の標準装備を充実するとともに価格変更を行う。

今回の装備見直しでは、これまでオプション設定だったフロアマットとクロムラインエクステリアを全モデルに標準装備。さらに「John Cooper Worksクラブマン」には、荷室フロアの段差をなくすフラットフロアーが、オープンモデル「John Cooper Worksコンバーチブル」には、オープンにしている時間を計測するオールウェイズ・オープン・タイマーが標準装備となる。
なお、装備変更後の車両の納車は2010年4月末頃開始の予定とのこと。

価格は、以下のとおり。(カッコ内は従来比)

・John Cooper Works:389.0万円(+1.0万円)
・John Cooper Worksクラブマン:416.0万円(+3.0万円)
・John Cooper Worksコンバーチブル:439.0万円(+3.0万円)

(webCG ワタナベ)

「MINI John Cooper Worksクラブマン」
「MINI John Cooper Worksクラブマン」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • モダンで華やかな特別仕様車「MINIセブン」発売 2016.8.26 自動車ニュース BMWジャパンは2016年8月26日、「MINI 3ドア」「MINI 5ドア」の特別仕様車「MINI Seven(セブン)」を発表。同日、販売を開始した。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
  • MINIジョンクーパーワークス(FF/6AT)【試乗記】 2015.6.16 試乗記 一番ホットなMINI、「ジョンクーパーワークス」の最新型に試乗。ワインディングロードでむちを当てると、速さだけではない、その驚くべき特徴が見えてきた。
ホームへ戻る