【スペック】全長×全幅×全高=3970×1704×1803mm/ホイールベース=2513mm/車重=1185kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4SOHC8バルブディーゼル(70ps/4000rpm、16.3kgm/1750rpm)(欧州仕様車)

プジョー・ビッパーティピー アウトドア1.4HDi(FF/5MT)【海外試乗記】

楽しめる実用車 2010.03.30 試乗記 プジョー・ビッパーティピー アウトドア1.4HDi(FF/5MT)

日本未導入のフランス車「プジョー・ビッパーティピー」に、本国で試乗。「ルノー・カングー」のライバルとなりうる、その魅力を報告する。

サイズアップの一方で

「ルノー・カングー」がモデルチェンジで一気に大型化したことに、複雑な思いを抱く人がいるかもしれない。でもヨーロッパの小型商用車がサイズアップしているのは、カングーに限った話ではない。

たとえば同じフランスのPSAが送り出している「プジョー・パートナー」と「シトロエン・ベルリンゴ」は、旧型の4137×1724×1810mmから、2008年のモデルチェンジで4380×1810×1810mmに成長している。
しかしこれでは大きすぎるという声は欧州にもあるのか、カングーは全長が342mm短い、2ドアの「ビーボップ(乗用)/コンパクト(商用)」を造った。一方PSAは、ひとまわり小さな車種を用意。それが、「パートナー/ベルリンゴ」と同じく2008年にデビューした、「プジョー・ビッパー/シトロエン・ネモ」だ。

この2台はフィアットとの共同開発車で、プラットフォームは「グランデプント」と共通になる。2513mmのホイールベース、前1464/後1465mmのトレッドは、たしかにグランデプントに近い。生産はフィアット版の「クーボ(乗用)/フィオリーノ(商用)」ともども、トルコにあるフィアット系のTOFAS(トルコ自動車製造会社)で行われる。

PSAとフィアットの共同開発/生産はいまに始まったことではない。1978年にSEVEL(ヨーロッパ軽量車両連合)という組織を結成し、ミニバンや小型商用車を生産してきたという実績がある。現行プジョーラインナップでは、「807」と「エキスパート/ボクサー」がここから送り出されている。
今回乗った「ビッパーティピー」は、商用車であるビッパーの乗用車仕様。グレードは2009年春に追加された「アウトドア」で、名前のとおり、SUVテイストを盛り込んだ仕様だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。