日産、レッドブルに「NV350」を提供

2012.10.04 自動車ニュース

日産、レッドブル・レーシングに「NV350キャラバン」を提供

日産自動車は、2012年10月5−7日に開催されるF1日本グランプリにおいて、レッドブル・レーシングチームに対し「日産NV350キャラバン」8台を提供すると発表した。

日産は、これまでのインフィニティ、F1レッドブル・レーシングチーム、ルノー間のパートナーシップを拡大する形で、2012年度よりレッドブルチームと小型商用車のグローバル公式サプライヤー契約を締結。チームの本拠地(英国ミルトン・キーンズ)やF1シリーズ開催地において、「NV200(日本名:NV200バネット)」や「NV400」など30台以上の車両を提供し、機材やスタッフ、ゲストの移動などに使用されている。

日産グローバル本社(横浜市西区)で開かれた記者会見には、レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表も出席し、「NV350は大変効率的で見た目もすばらしい。日産のサポートのおかげで鈴鹿は第二のホームレースのようだ」と語った。

(文と写真=工藤考浩)

会見するレッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表。
会見するレッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表。
ホーナー代表(左)と日産自動車グローバルLCVビジネスユニット村上秀人執行役員(右)。
ホーナー代表(左)と日産自動車グローバルLCVビジネスユニット村上秀人執行役員(右)。
「日産NV350キャラバン」
「日産NV350キャラバン」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 第54回:光り輝く激安BMW 2017.8.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第54回は「光り輝く激安BMW」。次なる“牛丼車”として「BMW 320d」を選んだ筆者。だが、唯一気がかりなことが……。中古車買うならココを見ろ! 46台クルマを買ってきたカーマニアの勘がさえる。
  • 第431回:「NV350キャラバン」の荷室には夢が一杯!
    メディア対抗カート大会にwebCGチームが参戦
    2017.8.11 エディターから一言 「日産NV350キャラバン」のマイナーチェンジを記念して(?)開催されたメディア対抗カート大会に、webCGチームが参戦。レインコンディションで行われた、熱いバトルの様子をリポートする。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
ホームへ戻る