【スペック】全長×全幅×全高=4025×1720×1485mm/ホイールベース=2575mm/車重=1190kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(112ps/6000rpm、15.4kgm/4250rpm)/価格=219万8000円(テスト車=同じ)

ルノー・ルーテシア1.6(FF/4AT)【ブリーフテスト】

ルノー・ルーテシア1.6(FF/4AT) 2010.03.29 試乗記 ……219万8000円
総合評価……★★★★
フルモデルチェンジかと見まごうほどに、ガラっと印象がかわったルノーのコンパクトカー「ルーテシア」。その仕上がりと走りを試す。

ルノー・ルーテシア1.6(FF/4AT)【ブリーフテスト】

才能は十分

いまから10数年前は、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」や「プジョー306」など、いわゆるCセグメントのハッチバックは、全長4m前後、全幅は1.7mを切るコンパクトなクルマだった。ところが、時代とともにボディは大きくなり、たとえば「プジョー308」は全長4290mm、全幅1820mmにまで拡大。5ナンバーサイズに慣れ親しんだ人から見れば、手が出しにくい存在になっている。

そんなユーザーたちに、熱いラブコールを送るのが、ルノーのBセグメントハッチバック「ルーテシア」だ。3代目ゴルフや306とほぼ同じサイズのコンパクトなボディに、スタイリッシュなデザインとCセグメントに見劣りしない装備を与えることで、悩めるユーザーを取り込もうという作戦だ。

ユーザーとしても、我慢や不便を強いられることなくBセグメントにダウンサイズできるなら、喜んで誘いにのるだろう。このルーテシアなら、才能は十分。パワートレインに新しさがあれば申し分ないのだが、それを差し引いても、ルーテシアはなかなか魅力的なモデルである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る