クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4025×1720×1485mm/ホイールベース=2575mm/車重=1190kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(112ps/6000rpm、15.4kgm/4250rpm)/価格=219万8000円(テスト車=同じ)

ルノー・ルーテシア1.6(FF/4AT)【ブリーフテスト】

ルノー・ルーテシア1.6(FF/4AT) 2010.03.29 試乗記 ……219万8000円
総合評価……★★★★
フルモデルチェンジかと見まごうほどに、ガラっと印象がかわったルノーのコンパクトカー「ルーテシア」。その仕上がりと走りを試す。

ルノー・ルーテシア1.6(FF/4AT)【ブリーフテスト】

才能は十分

いまから10数年前は、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」や「プジョー306」など、いわゆるCセグメントのハッチバックは、全長4m前後、全幅は1.7mを切るコンパクトなクルマだった。ところが、時代とともにボディは大きくなり、たとえば「プジョー308」は全長4290mm、全幅1820mmにまで拡大。5ナンバーサイズに慣れ親しんだ人から見れば、手が出しにくい存在になっている。

そんなユーザーたちに、熱いラブコールを送るのが、ルノーのBセグメントハッチバック「ルーテシア」だ。3代目ゴルフや306とほぼ同じサイズのコンパクトなボディに、スタイリッシュなデザインとCセグメントに見劣りしない装備を与えることで、悩めるユーザーを取り込もうという作戦だ。

ユーザーとしても、我慢や不便を強いられることなくBセグメントにダウンサイズできるなら、喜んで誘いにのるだろう。このルーテシアなら、才能は十分。パワートレインに新しさがあれば申し分ないのだが、それを差し引いても、ルーテシアはなかなか魅力的なモデルである。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
現行モデルは2005年3月に本国デビューした3代目で、日本では2006年3月に発売された。
今回(2010年3月5日)のマイナーチェンジで、フロントマスクが一新。低くなったボンネットや新設計のヘッドライト、バンパー、フロントフェンダーなどによりダイナミックな印象となった。リアもテールランプとバンパーがリニューアルされた。フロントデザインの変更により、全長は4025mmと35mm長くなったが、シャシーは従来のままだ。
エンジンは、1.6リッター直4DOHC16バルブ(112ps/6000rpm、15.4kgm/4250rpm)のみで、マニュアルモード付き4 段ATまたは5段MTを組み合わせる。ボディ形状は5ドアのみ。
安全面では、新たに横滑り防止装置(ESP)が標準装備される。

(グレード概要)
AT車、MT車で基本の装備は同じ。オートライトやフロント雨滴感知式オートワイパー、ヒーター付きの電動格納式ドアミラー、花粉などを抑えるオートエアコンディショナーなどの快適装備のほか。ブレーキアシスト付ABSやESPなどの安全装備も標準装備される。さらにAT車には、スピードリミッター、クルーズコントロールが備わる。

ステアリングコラムの右側には、ステアリングから手を離さずにオーディオなどの操作ができる「サテライトスイッチ」が備わる。
ステアリングコラムの右側には、ステアリングから手を離さずにオーディオなどの操作ができる「サテライトスイッチ」が備わる。 拡大

ルノー・ルーテシア1.6(FF/4AT)【ブリーフテスト】の画像 拡大

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
上級モデルからの乗り換えを狙うだけに、室内にはセグメントを超えた上質さが漂う。すっきりとしていながら、要所にシルバーのアクセントを施したダッシュボードは、素材の質感も高く、小さな高級車という表現がぴったり。また、装備も、オートエアコンをはじめ、オートライト、雨滴感知式オートワイパー、クルーズコントロール、コーナリングランプ、ESPなどを標準で搭載するなど、満足度は高い。ドアのリモコンが別体型なのは、慣れるまでまぎらわしいが……。

(前席)……★★★★★
サイドに光沢のある素材、センターに小さな凹凸のある素材を配したファブリックシートは、仕上がりが美しく、室内の上質感を高めるのに一役買っている。しかもこのシート、座り心地が絶妙で、見た目どおり、少し硬めなのだが、背中全体を包み込むようにサポートするため、すこぶる快適。長時間のドライブでも疲れ知らずだ。ウエストラインが低いおかげで、運転席からの眺めは開放的。Cセグメントのハッチバックに比べると幅方向は狭いが、それでも窮屈さは感じない。ステアリングホイールは革巻きで、ステアリングコラム横にはオーディオをコントロールできるサテライトスイッチが付く。コラムの調節はチルトのみで、テレスコピック調節があればいうことなし。

(後席)……★★★★
全長が限られるぶん、後席は狭そうに見えるが、実際は大人が乗っても十分な空間が確保されている。膝の前には拳ひとつぶんのスペース。足を組むことはできないが、前席の下に足の甲がすっぽりおさまり、また、フロアから座面までの高さも適切なので、自然な姿勢で座ることができる。身長168cmの筆者の場合、頭上のスペースは10cmほどと十分に余裕がある。前席に比べ、タイヤが拾うショックを伝えがちなのが減点の理由。

(荷室)……★★★
奥行き60cm強、幅100cm、リアパーセルシェルフまでの高さが約50cmのラゲッジスペースはボディサイズ相応のレベル。コンパクトハッチバックの文法どおり、分割可倒式のリアシートを倒せば、大きな荷物にも対応する。その際、ヘッドレストを取り外さずに済むのはありがたい。


ルノー・ルーテシア1.6(FF/4AT)【ブリーフテスト】の画像 拡大

ルノー・ルーテシア1.6(FF/4AT)【ブリーフテスト】の画像 拡大

ルノー・ルーテシア1.6(FF/4AT)【ブリーフテスト】の画像 拡大
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
このルーテシア1.6のパワートレインは、1.6リッター直4DOHCエンジンと4段ATの組み合わせ。発進は多少のんびりしていて、2000rpmを超えたあたりからようやく活発になる性格だ。決して遅いわけではなく、気楽に乗るには問題はないが、物足りなさを覚えるのも確か。4ATもいまや時代おくれの感は否めず、燃費の点からもATの多段化、あるいはCVT、デュアルクラッチギアボックスの搭載が待たれるところだ。5段MTも用意されるので、不得意でなければそちらを選ぶのも手だ。

(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
まだ走行距離が短いためか、やや硬めの乗り心地のルーテシアだが、3人乗車なら実に快適な乗り心地となり、実力の一端をうかがい知ることができた。ルノーのクルマらしく、速度域によらず落ち着きある重厚な走りを見せるルーテシアからは、サイズ以上の高級感が伝わってくる。

(写真=高橋信宏)

【テストデータ】

報告者:生方聡
テスト日:2010年3月5日-10日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2010年型
テスト車の走行距離:3739km
タイヤ:(前)185/60R15(後)同じ(いずれも、コンチネンタル・コンチプレミアムコンタクト2)
オプション装備:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(7)
テスト距離:258.9km
使用燃料:26.32リッター
参考燃費:9.84km/リッター

関連キーワード:
ルーテシアルノー試乗記

あなたにおすすめの記事