第2戦オーストラリアGP決勝結果【F1 2010 速報】

2010.03.28 自動車ニュース

【F1 2010 速報】第2戦オーストラリアGP、ウェットレースを制しバトンがマクラーレン初優勝

F1世界選手権第2戦オーストラリアGP決勝が、2010年3月28日、オーストラリアのアルバートパーク・サーキット(5.303km)を58周して行われた。

開幕戦バーレーンでの硬直したレースから一転、第2戦はウェット状態からスリリングな展開に。中盤までトップ快走のレッドブル、セバスチャン・ベッテルはブレーキトラブルでリタイア。その背後を走っていたディフェンディングチャンピオン、マクラーレン・メルセデスのジェンソン・バトンが、マクラーレン移籍後初、昨年6月の第7戦トルコGP以来となる久々の勝利を手にした。

予選9位から劣勢のマシンで後続を抑え切ったルノーのロバート・クビサが大健闘2位。フェラーリのフェリッペ・マッサが3位表彰台を獲得した。

オープニングラップで接触、スピンし最後尾に落ちたフェラーリのフェルナンド・アロンソは4位まで挽回しゴール。メルセデスのニコ・ロズベルグが2戦連続の5位、残り2周の激しい4位争いに屈しコースオフしたマクラーレンのルイス・ハミルトンは6位だった。

バーレーンに続き上位4強に食い込む活躍を見せたフォースインディア・メルセデスのビタントニオ・リウッツィが7位に入り2戦連続入賞。ウィリアムズ・コスワースの大ベテラン、ルーベンス・バリケロ8位、地元ファンの期待に応えられなかったレッドブルのマーク・ウェバー9位、そしてメルセデスのミハエル・シューマッハーが復帰2戦目を10位で終え、最後のポイント1点を稼いだ。

以下、11位ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ・フェラーリ)、12位ペドロ・デ・ラ・ロサ(ザウバー・フェラーリ)、13位ヘイキ・コバライネン(ロータス・コスワース)、14位カルン・チャンドック(HRTコスワース)が完走を果たした。

2戦を終えてのチャンピオンシップは、アロンソ37点、マッサ33点とフェラーリがドライバーズ選手権1-2。今回のウィナー、バトンが31点で3位、ハミルトンは23点で4位につけており、2強が頭ひとつリードしている。コンストラクターズ選手権は、首位フェラーリ70点、2位マクラーレン54点、3位メルセデス29点と上位勢が名を連ねている。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。