第135回:マイケルの「ベルトーネ」を見たか!

2010.03.27 エッセイ

第135回:マイケルの「ベルトーネ」を見たか!

3年ぶりにジュネーブ復帰を果たしたベルトーネの新作「パンディオン」。
第135回:マイケルの「ベルトーネ」を見たか!

3年ぶりのジュネーブモーターショー復帰

2010年ジュネーブモーターショーのプレスデイは、例年どおり2日間用意されていたが、今年はいつもと違っていたことがある。主要出展者の記者発表が初日にまとめられていたのである。忙しいジャーナリストたちの便宜を図ったものであろう。だが2社の記者発表が並行して行なわれるため、二者択一を迫られる時間帯が生じてしまった。

午前中の朝10時台は「BMW/MINI」「プジョー」「ボルボ」の裏で、イタリアのカロッツェリアが発表を行うかたちだった。
ボクは迷わず後者を選んだ。なぜなら、あのベルトーネが新コンセプトカー「パンディオン」を引っ下げて3年ぶりにジュネーブショー復帰というニュースがあったからだ。

1912年に起源をさかのぼるこのトリノの名門カロッツェリアは、経営危機をきっかけに、2007年を最後にジュネーブショー本会場から姿を消していたのだ。
記者発表開始前に会場を訪れると、リッリ・ベルトーネがいた。創業2代目である故ヌッチオ・ベルトーネの未亡人である。そしてもうひとり、長身の男が立っていた。彼の名をマイケル・ロビンソンという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。