ATの「アルファ・ミト」受注始まる

2010.03.26 自動車ニュース

ATの「アルファ・ミト」受注始まる

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは、アルファ・ロメオのコンパクトハッチ「ミト」に新グレード「スプリント/コンペティツィオーネ」を追加導入。2010年3月27日から先行予約を開始する。

既報のとおり「ミト」に追加された新グレードが、正式に日本に導入されることとなった。

その見どころは、「アルファTCT(ツインクラッチテクノロジー)」と呼ばれるデュアルクラッチ式の2ペダル6段MT。いままで日本のラインナップは、伝統的な6段MTを備える「1.4T スポーツ」のみだったが、今後はオートマチックドライブが可能なミトが選べるようになる。

もうひとつのポイントは、新エンジン「マルチエア」ユニットを搭載していることだ。この心臓、排気量など基本は「1.4T スポーツ」に搭載される1.4リッターターボエンジンと同じだが、ヘッドまわりが大きく異なる。
従来のツインカムエンジンと違い、こちらはスロットルバルブを使うことなく、電子制御式油圧システムを介して吸気バルブのオープンタイミングやリフト量を調節する。おなじみのカムシャフトは排気側にしか設けられず、吸気側のそれは、直接バルブのタペットを押すことなく、吸気バルブを駆動させるための油圧ポンプを回すことに使われる。

実際のスペックは、「1.4T スポーツ」(155ps/5500rpm、20.5kgm/5000rpm)よりやや控えめな、135ps/5000rpmと19.4kgm/4500rpm。
同社によれば、この新システムにより低回転域でのアクセルレスポンスがアップ。窒素酸化物が最大60%低減できるといった環境性能の向上もメリットだという。さらに、「スタート&ストップシステム」と称されるアイドリングストップ機能も装備。乗車定員が4名から5名に増えたのもポイントだ。

そんな“オートマ”ミトの価格は、従来の「1.4T スポーツ」より若干高く、「スプリント」が288.0万円で、バイキセノンヘッドランプや17インチアルミホイール、シフトパドルなどが備わる「コンペティツィオーネ」が305.0万円。
3月27日から先行予約が開始され、ユーザーへのデリバリーは、今年7月から順次行われる。

(webCG 関)


ATの「アルファ・ミト」受注始まるの画像

ATの「アルファ・ミト」受注始まるの画像
「アルファ・ミト スプリント/コンペティツィオーネ」に搭載される、1.4リッター直4ターボの「マルチエア」エンジン。
「アルファ・ミト スプリント/コンペティツィオーネ」に搭載される、1.4リッター直4ターボの「マルチエア」エンジン。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る