【スペック】E250CDIカブリオレ:全長×全幅×全高=4698×1786×1398mm/ホイールベース=2760mm/車重=1815kg/駆動方式=FR/2.1リッター直4DOHC16バルブディーゼルターボ(201ps/4200rpm、51.0kgm/1600-1800rpm)(欧州仕様車)

メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレシリーズ【海外試乗記】

クーペ+喜び=カブリオレ 2010.03.26 試乗記 メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレシリーズ

Eクラスファミリーに加わった4シーターオープンモデル「Eクラスカブリオレ」に先行試乗。その出来栄えをチェックした。

いつでも4人が快適に

「Four seasons, four personalities」というのが、新型Eクラスにとって4つ目のラインナップとなるカブリオレが掲げるキャッチフレーズである。四季を通じて、4人の乗員が楽しめるカブリオレ。要約すれば、そんなところだろうか。

そう、見た目は美しい4シーターのカブリオレも、実際にオープンで走らせると風の巻き込みが大きく、快適に、そしてエレガントに乗りこなすのは案外大変だったりする。新型「Eクラス・カブリオレ」は、この常識にあえて挑んだというわけである。

もちろん、その前提としてはクルマが美しくなければならないわけだが、それについては写真を見ていただければ、あえてアレコレ説明する必要は無いだろう。ソフトトップのカブリオレが醸し出す雰囲気は、本当にぜいたくだ。

ちなみにトップの開閉は、所要時間20秒以内。40km/hまでなら走行中でも開閉できるようになった。また、広いラゲッジスペースもソフトトップ採用のメリット。オープン時でも300リッター、クローズ時なら390リッターを飲み込んでくれる。

 
メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレシリーズ【海外試乗記】の画像
 
メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレシリーズ【海外試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス カブリオレの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
  • メルセデス・ベンツGLS350d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.3.3 試乗記 全長5.1m、車重2.6tの堂々たるボディーが自慢の「メルセデス・ベンツGLS」。その中から3リッターV6ディーゼルターボを搭載する「GLS350d 4MATICスポーツ」に試乗。このモデルでしか味わえない“常識はずれ”の魅力に触れた。
  • GLMがEVスーパーカーの「G4」を日本初公開 2017.4.18 自動車ニュース EVメーカーのGLMが、2016年のパリショーで発表したEVスーパーカー「G4」を日本で初公開した。GLM G4は4シーター・4ドアの高性能スポーツモデルで、最高出力540ps、最大トルク1000Nmを発生。想定価格は4000万円で、2019年の量産化を予定している。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
ホームへ戻る