【スペック】E250CDIカブリオレ:全長×全幅×全高=4698×1786×1398mm/ホイールベース=2760mm/車重=1815kg/駆動方式=FR/2.1リッター直4DOHC16バルブディーゼルターボ(201ps/4200rpm、51.0kgm/1600-1800rpm)(欧州仕様車)

メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレシリーズ【海外試乗記】

クーペ+喜び=カブリオレ 2010.03.26 試乗記 メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレシリーズ

Eクラスファミリーに加わった4シーターオープンモデル「Eクラスカブリオレ」に先行試乗。その出来栄えをチェックした。

いつでも4人が快適に

「Four seasons, four personalities」というのが、新型Eクラスにとって4つ目のラインナップとなるカブリオレが掲げるキャッチフレーズである。四季を通じて、4人の乗員が楽しめるカブリオレ。要約すれば、そんなところだろうか。

そう、見た目は美しい4シーターのカブリオレも、実際にオープンで走らせると風の巻き込みが大きく、快適に、そしてエレガントに乗りこなすのは案外大変だったりする。新型「Eクラス・カブリオレ」は、この常識にあえて挑んだというわけである。

もちろん、その前提としてはクルマが美しくなければならないわけだが、それについては写真を見ていただければ、あえてアレコレ説明する必要は無いだろう。ソフトトップのカブリオレが醸し出す雰囲気は、本当にぜいたくだ。

ちなみにトップの開閉は、所要時間20秒以内。40km/hまでなら走行中でも開閉できるようになった。また、広いラゲッジスペースもソフトトップ採用のメリット。オープン時でも300リッター、クローズ時なら390リッターを飲み込んでくれる。

 
メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレシリーズ【海外試乗記】
 
メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレシリーズ【海外試乗記】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス カブリオレの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
ホームへ戻る