第404回:マンガ規制反対集会を見て考える
 なぜ自動車メディアはここまで影響力がないのか?

2010.03.25 エッセイ

第404回:マンガ規制反対集会を見て考える なぜ自動車メディアはここまで影響力がないのか?


第404回:マンガ規制反対集会を見て考える なぜ自動車メディアはここまで影響力がないのか?

社会の規制がクルマ離れを加速する

先日、巨匠ちばてつや先生や、里中満智子先生、永井豪先生らによる、東京都青少年健全育成条例改正(=通称「マンガ規制」)に対する反対会見&集会のニュースを見てて思った。なぜ我々自動車ジャーナリストは、こういうことができないのだろうか。なぜこういう行動が一般メディアを通じ、盛り上がって報道されることがないのだろうか、と。

同様に2006年、電気用品安全法による中古楽器販売規制についても、これまた教授こと坂本龍一さんら著名ミュージシャンが立ち上がって規制を撤廃させたことを思い出す。ホントに素晴らしいし、正しいジャッジだったと思う。

で、振り返ると我々自動車業界でも数限りなく、同様もしくはそれ以上に理不尽な規制が行われてきたわけですよ。人によって見かたは異なるだろうけど、時に厳しすぎるスピード違反の罰則規定をはじめ、最近じゃバイクに対して異様に理解のない駐車違反取り締まりや免許制度、一部おかしなエコカー減税の規定など数々。もちろん正しい部分もあるが、大部分は「安全」や「環境」を御旗に、クルマを楽しむ、という行為があまりに置き去りにされてきたと思う。

これら時流に即してない規制は、日本の正しい自動車文化の発達をねじ曲げ、進歩を止めかねない深刻な決めごとであり、我々の職業は脅かされ、今の若者のクルマ離れはもちろん、全年齢層でのクルマ離れ、老人の運転問題などすべてに影響しかねないと、個人的には考えている。でも、それに対する反対はほとんど成功していない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』