【スペック】全長×全幅×全高=4210×1790×1485mm/ホイールベース=2575mm/車重=1270kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4SOHC8バルブターボ(105ps/5000rpm、17.8kgm/1550-4100rpm)/価格=257.0万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン(FF/7AT)【試乗速報】

小は大を兼ねられる 2010.03.25 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン(FF/7AT)
……257.0万円

フォルクスワーゲンの基幹モデル「ゴルフ」に、小さな1.2リッターエンジンを搭載したエントリーグレードが誕生。その実力のほどは……?

期待の“安いやつ”

ここ数年、フォルクスワーゲンの「TSIエンジン」には驚かされ続けている。TSIは、小排気量エンジンに直噴システムと過給器を組み合わせたエンジンで、高性能と低燃費を両立。いまや日本で販売されるフォルクスワーゲンの多くがTSIを搭載する。最初の衝撃は、2007年発売の「ゴルフGT TSI」だ。たかが1.4リッターと侮っていたら、ターボとスーパーチャージャーを組み合わせたTSI“ツインチャージャー”の力強さにノックダウン! さらに、燃費の良さにもう一度驚いた。

2008年に登場した「ゴルフTSIトレンドライン」も、良い意味で予想を裏切ってくれた。こちらに積まれるのは同じ1.4リッターエンジンながら、ターボだけのTSI“シングルチャージャー”。さすがに物足りないだろうと甘く見ていたのだが、実際は余裕すら感じるほどの実力だった。

そして今回、新型ゴルフのエントリーグレード、「ゴルフTSIトレンドライン」が登場した。2009年4月、ゴルフは6代目にフルモデルチェンジし、1.4TSIツインチャージャーを積む「ハイライン」と1.4TSIシングルチャージャーの「コンフォートライン」が用意されたものの、エントリーグレードのトレンドラインは空席となっていた。このトレンドラインに積まれる新しいTSIエンジンは、三たび私を驚かすことになるのか?


フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン(FF/7AT)【試乗速報】
サイドビュー。ホイールのサイズは、シリーズのなかで最小にして唯一の15インチ。材質もアルミではなく、スチール&ホイールキャップとなる。
フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン(FF/7AT)【試乗速報】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る