「VWゴルフ」に“安くて美味い”新グレード登場

2010.03.25 自動車ニュース

「VWゴルフ」に“安くて美味い”新グレード登場

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2010年3月25日、基幹モデル「ゴルフ」のエントリーグレード「ゴルフTSI トレンドライン」を日本に導入。4月9日に発売すると発表した。

6代目となる現行の「ゴルフ」ファミリーに、最も安いエントリーグレード「トレンドライン」が追加される。

その最大の特徴は、ボンネットに収まる新開発の1.2リッターターボエンジンだ。従来の1.6リッターNAエンジンの後継となるこの心臓は、吸排気の構造をあえてシンプルな2バルブSOHCとし、燃焼の効率を徹底追求したというもの。排気量をダウンサイジングしつつも、リッターあたりでは同社の1.4リッターターボエンジンを上まわるパワー(105ps/5000rpm)を発生し、低速域からの豊かなトルク(17.8kgm/1550-4100rpm)もウリとする。1.4リッターターボエンジンに比べ、単体重量が24.5kg軽いのも自慢である。
なお、組み合わされるトランスミッションは、7段AT(DSG)のみ。パドルシフトは備わらない。

もうひとつのニュースは、エコカー減税に対応していることだ。
新たな「トレンドライン」は、日本国内の排ガス基準で最高となる「4ツ星」を取得。10・15モードで17.0km/リッターと、ゴルフファミリー最良の燃費とあいまって、取得税、重量税ともに75%の減免。合わせて11万6400円がおトクとなる。

なお、エンジン以外の基本的なデザインやメカニズムは、ほか「ゴルフ」と変わらない。エントリーグレードらしく、シートやステアリングホイール、ヘッドランプやホイールには、より簡素なものがあてがわれるが、ESPやABSといったアクティブセーフティ機能やエアバッグ類は他の1.4リッターモデルやホットハッチを称する「GTI」と同じ装備内容となっている。

価格は、257.0万円。

(webCG 関)

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲンゴルフ/ゴルフヴァリアント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • アウディRS 3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.4 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、アウディの高性能ハッチバック車「RS 3スポーツバック」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、もはや万能とも思える実力の高さが伝わってきた。
  • マクラーレン・セナ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.10 試乗記 誰もが知る、伝説的レーシングドライバーの名を車名とした「マクラーレン・セナ」。サーキットを走ることを第一に開発された、限りなくレーシングカーに近いハイパーカーの実力を、セナが初勝利を挙げたポルトガルのエストリルサーキットで放つ。
ホームへ戻る