「VWゴルフ」に“安くて美味い”新グレード登場

2010.03.25 自動車ニュース

「VWゴルフ」に“安くて美味い”新グレード登場

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2010年3月25日、基幹モデル「ゴルフ」のエントリーグレード「ゴルフTSI トレンドライン」を日本に導入。4月9日に発売すると発表した。

6代目となる現行の「ゴルフ」ファミリーに、最も安いエントリーグレード「トレンドライン」が追加される。

その最大の特徴は、ボンネットに収まる新開発の1.2リッターターボエンジンだ。従来の1.6リッターNAエンジンの後継となるこの心臓は、吸排気の構造をあえてシンプルな2バルブSOHCとし、燃焼の効率を徹底追求したというもの。排気量をダウンサイジングしつつも、リッターあたりでは同社の1.4リッターターボエンジンを上まわるパワー(105ps/5000rpm)を発生し、低速域からの豊かなトルク(17.8kgm/1550-4100rpm)もウリとする。1.4リッターターボエンジンに比べ、単体重量が24.5kg軽いのも自慢である。
なお、組み合わされるトランスミッションは、7段AT(DSG)のみ。パドルシフトは備わらない。

もうひとつのニュースは、エコカー減税に対応していることだ。
新たな「トレンドライン」は、日本国内の排ガス基準で最高となる「4ツ星」を取得。10・15モードで17.0km/リッターと、ゴルフファミリー最良の燃費とあいまって、取得税、重量税ともに75%の減免。合わせて11万6400円がおトクとなる。

なお、エンジン以外の基本的なデザインやメカニズムは、ほか「ゴルフ」と変わらない。エントリーグレードらしく、シートやステアリングホイール、ヘッドランプやホイールには、より簡素なものがあてがわれるが、ESPやABSといったアクティブセーフティ機能やエアバッグ類は他の1.4リッターモデルやホットハッチを称する「GTI」と同じ装備内容となっている。

価格は、257.0万円。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る