「VWゴルフ」に“安くて美味い”新グレード登場

2010.03.25 自動車ニュース

「VWゴルフ」に“安くて美味い”新グレード登場

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2010年3月25日、基幹モデル「ゴルフ」のエントリーグレード「ゴルフTSI トレンドライン」を日本に導入。4月9日に発売すると発表した。

6代目となる現行の「ゴルフ」ファミリーに、最も安いエントリーグレード「トレンドライン」が追加される。

その最大の特徴は、ボンネットに収まる新開発の1.2リッターターボエンジンだ。従来の1.6リッターNAエンジンの後継となるこの心臓は、吸排気の構造をあえてシンプルな2バルブSOHCとし、燃焼の効率を徹底追求したというもの。排気量をダウンサイジングしつつも、リッターあたりでは同社の1.4リッターターボエンジンを上まわるパワー(105ps/5000rpm)を発生し、低速域からの豊かなトルク(17.8kgm/1550-4100rpm)もウリとする。1.4リッターターボエンジンに比べ、単体重量が24.5kg軽いのも自慢である。
なお、組み合わされるトランスミッションは、7段AT(DSG)のみ。パドルシフトは備わらない。

もうひとつのニュースは、エコカー減税に対応していることだ。
新たな「トレンドライン」は、日本国内の排ガス基準で最高となる「4ツ星」を取得。10・15モードで17.0km/リッターと、ゴルフファミリー最良の燃費とあいまって、取得税、重量税ともに75%の減免。合わせて11万6400円がおトクとなる。

なお、エンジン以外の基本的なデザインやメカニズムは、ほか「ゴルフ」と変わらない。エントリーグレードらしく、シートやステアリングホイール、ヘッドランプやホイールには、より簡素なものがあてがわれるが、ESPやABSといったアクティブセーフティ機能やエアバッグ類は他の1.4リッターモデルやホットハッチを称する「GTI」と同じ装備内容となっている。

価格は、257.0万円。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
ホームへ戻る