クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4900×1855×1500mm/ホイールベース=2875mm/車重=1980kg/駆動方式=FR/3リッターV6DOHC24バルブ・コモンレールディーゼルターボ(211ps/3400rpm、55.1kgm/1600-2400rpm)/価格=833万円(テスト車=932万5000円)

メルセデス・ベンツE350 BlueTEC ステーションワゴン アバンギャルド(FR/7AT)【試乗速報】

キレイはエライ 2010.03.24 試乗記 メルセデス・ベンツE350 BlueTEC ステーションワゴン アバンギャルド(FR/7AT)
……932万5000円


「排ガスが超キレイ!」なディーゼルのワゴンが、メルセデスから登場。クルマのできは? 商品としての魅力は? 下野康史がテストした。

AT車では一番乗り

メルセデスの最新型クリーンディーゼルが世界一厳しい日本のディーゼル排ガス規制“ポスト新長期”をクリアした。新型Eクラスのワゴン登場と同時に導入された「E350 BlueTEC(ブルーテック)」である。米国ですでに販売されている「ML350」のエンジンをEクラスに搭載し、これまでの「E320CDI」よりさらにNOx(窒素酸化物)を7割、PM(粒子状物質)を2割削減した。
ポスト新長期規制はすでに「日産エクストレイル ディーゼル」がクリアしているが、欧州市場メインに開発されたSUVだから、品ぞろえはマニュアルに限られる。AT車ではこのメルセデスが一番乗りである。

E350ブルーテックは、欧米の最新ディーゼル規制にもすべて適合する。日本国内での現世御利益としては、エコカー減税の適用で43万円(セダンは42万円)の優遇措置が受けられる。車齢13年超のクルマから買い替えると、さらにプラス25万円の補助が出る。メルセデスの場合、実際、古いメルセデスからの買い替えも少なくないので、想像以上に意味のある恩典らしい。

 
メルセデス・ベンツE350 BlueTEC ステーションワゴン アバンギャルド(FR/7AT)【試乗速報】の画像 拡大
新型Eクラスステーションワゴンのボディサイズは、従来モデルと比べ全長が15mm、全幅が35mm拡大。ホイールベースも20mm長くなった。
新型Eクラスステーションワゴンのボディサイズは、従来モデルと比べ全長が15mm、全幅が35mm拡大。ホイールベースも20mm長くなった。 拡大

ポイントは「尿素SCR触媒コンバーター」

最新のディーゼル排ガス規制が求めているのは、排出物質のなかでもとくにNOx値の厳しい削減である。そのソリューションとして、E350ブルーテックはこれまでの排ガス浄化システムに加えて「尿素SCR触媒コンバーター」を採用している。
SCRとは、邦訳すると「選択的触媒還元」の意。専用の触媒コンバーターの中で排ガスに尿素水溶液を噴射し、化学反応によりNOxを分解する。NOx吸蔵触媒で対応するエクストレイルは、この種の添加剤を必要としないが、そのかわり触媒に高価なレアメタルを使う。

ドイツ自動車工業会の登録商標で、「アドブルー」と呼ばれる尿素水溶液のタンクは、スペアタイヤが置かれていた位置にある。24.5リッター入りで、消費量は1000kmあたり1リッター。満タンにしておけば約2万4000kmもつ計算だ。アドブルーがきれるとエンジンはかからなくなるため、タンク残量はモニターされて計器盤に表示され、走行可能距離が1600kmをきったところからは100kmごとのカウントダウンが始まる。

ニオイをかいでみたが、アドブルーは無味無臭の透明な液体である。満タンならかるく2万kmもつから、一般のメルセデスユーザーは定期点検の際に“おまかせ”でみてもらうことになるはずだ。尿素水溶液には有効期限があり、距離にかかわらず、2年経つと交換しなくてはならない。自分でも簡単に補充できる。

アドブルーの価格は、メルセデスディーラーで10リッターで2000円。尿素SCR方式のディーゼル車はトラックなどですでにあり、アドブルーも一般に流通している。 しかし、クリーンな排気のために、新たな薬液を持って走るとは、フクザツな思いである。さらに規制が厳しくなると、さらに薬液の種類が増え、“走る理科室”のようなことになるのだろうか。アドブルータンクの新設でスペアタイヤが追いやられたため、E350ブルーテックにはランフラットタイヤが標準装備される。

 
メルセデス・ベンツE350 BlueTEC ステーションワゴン アバンギャルド(FR/7AT)【試乗速報】の画像 拡大
荷室の床下に収まる尿素水溶液「アドブルー」タンク。尿素水溶液は通常、メルセデス・ベンツ正規販売店で補充・交換となるが、もしもの時は、写真の簡易版充填ボトルで補充することもできる。
荷室の床下に収まる尿素水溶液「アドブルー」タンク。尿素水溶液は通常、メルセデス・ベンツ正規販売店で補充・交換となるが、もしもの時は、写真の簡易版充填ボトルで補充することもできる。 拡大
【テスト車のオプション装備】
ガラススライディングルーフ=19万5000円/レーンキーピングアシスト=7万5000円/プラスパッケージ<プライバシーガラス、メモリー付パワーシート>=22万円/本革シート=31万5000円/キーレスゴー=15万円/EASY-PACKフィックスキット=4万円)
【テスト車のオプション装備】
	ガラススライディングルーフ=19万5000円/レーンキーピングアシスト=7万5000円/プラスパッケージ<プライバシーガラス、メモリー付パワーシート>=22万円/本革シート=31万5000円/キーレスゴー=15万円/EASY-PACKフィックスキット=4万円) 拡大

失ったものはなにひとつない

試乗したのは、E350ブルーテックのステーションワゴン アバンギャルド(833万円)である。新型Eクラスのワゴンボディもお初だが、それよりも興味の焦点はやはりエンジンだ。
E350といっても、ディーゼルの場合、エンジンは旧型の「E320CDI」と同じコモンレール式直噴3リッターV6ディーゼルターボである。“新長期”から“ポスト新長期”へ排ガス規制のステージがワンランク上がったのに、211psのパワーを始めとするエンジンのアウトプットはE320CDIと同じである。

走っても、失ったものはなにひとつない、どころか、エンジン音などはボディが新しくなったこともあって、いっそう静かになった。外で耳をそば立てれば、クルマにくわしい人ならディーゼルと言い当てられるかもしれないが、それはエンジンの音というよりも、もはや重箱の隅をつついている音である。クルマの価格もキャラクターもまったく違うが、日産エクストレイル ディーゼルと比べると、こちらは悠揚迫らぬ高級エンジンである。

パワーも申し分ない。というか、速いクルマである。箱根大観山の頂上で撮影していると、気づいたら試乗車の返却時間まで20分をきっていた。あわてて山を下り、大磯プリンスホテルまで、くわしく書けないペースで急行する。間に合った。ディーゼルターボの強大なトルクもさることながら、西湘バイパスの追い越しレーンでは、スリーポインテッドスターの御威光にもあらためて感じ入った。なんていう使用法はよろしくないが、しかしバックミラーに映ったその“ベンツ”は、いまや世界一クリーンでもあるのである。

(文=下野康史/写真=菊池貴之)

ボディサイズに合わせ拡大された荷室は、後席を倒した状態で最大1910リッターの積載容量を備える。また、荷室開口部両サイドにあるレバーの操作で後席を倒すことができる「EASY-PACKクイックフォールド」機能を採用した。
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
ボディサイズに合わせ拡大された荷室は、後席を倒した状態で最大1910リッターの積載容量を備える。また、荷室開口部両サイドにあるレバーの操作で後席を倒すことができる「EASY-PACKクイックフォールド」機能を採用した。
	写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。 拡大
「E350 ブルーテック」に採用された3リッターV6ディーゼルターボエンジンは、最高出力211ps、最大トルク55.1kgmを発生。10・15モード燃費は、セダンで13.2km/リッター、ワゴンで13.4km/リッターを記録し、平成17年度燃費基準+20%および平成27年度燃費基準(JC08モード)を達成する。
「E350 ブルーテック」に採用された3リッターV6ディーゼルターボエンジンは、最高出力211ps、最大トルク55.1kgmを発生。10・15モード燃費は、セダンで13.2km/リッター、ワゴンで13.4km/リッターを記録し、平成17年度燃費基準+20%および平成27年度燃費基準(JC08モード)を達成する。 拡大
 
メルセデス・ベンツE350 BlueTEC ステーションワゴン アバンギャルド(FR/7AT)【試乗速報】の画像 拡大
あなたにおすすめの記事
車買取・中古車査定 - 価格.com