【スペック】全長×全幅×全高=4900×1855×1500mm/ホイールベース=2875mm/車重=1980kg/駆動方式=FR/3リッターV6DOHC24バルブ・コモンレールディーゼルターボ(211ps/3400rpm、55.1kgm/1600-2400rpm)/価格=833万円(テスト車=932万5000円)

メルセデス・ベンツE350 BlueTEC ステーションワゴン アバンギャルド(FR/7AT)【試乗速報】

キレイはエライ 2010.03.24 試乗記 メルセデス・ベンツE350 BlueTEC ステーションワゴン アバンギャルド(FR/7AT)
……932万5000円


「排ガスが超キレイ!」なディーゼルのワゴンが、メルセデスから登場。クルマのできは? 商品としての魅力は? 下野康史がテストした。

AT車では一番乗り

メルセデスの最新型クリーンディーゼルが世界一厳しい日本のディーゼル排ガス規制“ポスト新長期”をクリアした。新型Eクラスのワゴン登場と同時に導入された「E350 BlueTEC(ブルーテック)」である。米国ですでに販売されている「ML350」のエンジンをEクラスに搭載し、これまでの「E320CDI」よりさらにNOx(窒素酸化物)を7割、PM(粒子状物質)を2割削減した。
ポスト新長期規制はすでに「日産エクストレイル ディーゼル」がクリアしているが、欧州市場メインに開発されたSUVだから、品ぞろえはマニュアルに限られる。AT車ではこのメルセデスが一番乗りである。

E350ブルーテックは、欧米の最新ディーゼル規制にもすべて適合する。日本国内での現世御利益としては、エコカー減税の適用で43万円(セダンは42万円)の優遇措置が受けられる。車齢13年超のクルマから買い替えると、さらにプラス25万円の補助が出る。メルセデスの場合、実際、古いメルセデスからの買い替えも少なくないので、想像以上に意味のある恩典らしい。

 
メルセデス・ベンツE350 BlueTEC ステーションワゴン アバンギャルド(FR/7AT)【試乗速報】の画像
新型Eクラスステーションワゴンのボディサイズは、従来モデルと比べ全長が15mm、全幅が35mm拡大。ホイールベースも20mm長くなった。
新型Eクラスステーションワゴンのボディサイズは、従来モデルと比べ全長が15mm、全幅が35mm拡大。ホイールベースも20mm長くなった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス ステーションワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツGLS350d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.3.3 試乗記 全長5.1m、車重2.6tの堂々たるボディーが自慢の「メルセデス・ベンツGLS」。その中から3リッターV6ディーゼルターボを搭載する「GLS350d 4MATICスポーツ」に試乗。このモデルでしか味わえない“常識はずれ”の魅力に触れた。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
ホームへ戻る