オープンのアバルト「500C」が誕生

2010.03.23 自動車ニュース
アバルト500C
オープンのアバルト「500C」が誕生

オープンのアバルト「500C」が誕生

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは2010年3月17日、新しいオープントップモデル「アバルト500C」の詳細を発表した。

 
オープンのアバルト「500C」が誕生

「アバルト500C」は、今年のジュネーブショーに出展された新たなオープンコンパクト。「フィアット500C」をベースに各種チューニングが施され、走りのアバルト仕様として生まれ変わったモデルだ。

具体的には、ボディ外周をぐるりと囲むエアスポイラーやサイドスカートで、走行中のダウンフォースを向上。ダイヤモンドポリッシュ仕上げの17インチアルミホイールや、ボンネットのラインでボディを上下に分かつツートーンの車体色でも個性を主張する。

そのハイライトは、クローズドボディ版「アバルト500」と共通の、ホットな1.4リッターターボエンジン。ただし、ECUのセッティングが異なるこちらは、アバルト500をさらに5ps上まわる140psを発生する。
トランスミッションには、オートマチックドライブができる2ペダル式の5段MTを用意。基本的な機構はフィアットのデュアロジックに通ずるが、パーツもコンピューターも変更を受け「アバルト コンペティション」なる名称で呼ばれる。センターコンソールにはシフトレバーが置かれず、変速はパドル操作のみとなる。

ひとたび屋根をあければ、ツインサイレンサーのエグゾーストノートを堪能しながら、本格的なスポーツドライブが楽しめるとうたわれる「アバルト500C」。時期は未定ながら、日本上陸はほぼ決定。価格は「アバルト500」よりやや高くなるものとみられる。

(webCG 関)

関連キーワード:
500Cアバルト自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • 100台限定、5段MTの「フィアット500」が登場 2017.6.28 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット500」に特別仕様車「500S Plus」を設定。2気筒の「ツインエア」エンジンに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた限定モデルで、100台が限定販売される。価格は236万5200円。
  • 特別なソフトトップの「フィアット500C」限定発売 2017.6.28 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月28日、「フィアット500C」に特別仕様車「Ivory Top(アイボリートップ)」を設定し、同年7月8日に60台の台数限定で発売すると発表した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 5段MTを搭載した「フィアット500S」発売 2016.12.6 自動車ニュース FCAジャパンは、「フィアット500」の5段MTモデル「500S」を、2016年12月10日に発売する。エンジンは85psと14.8kgmを発生する0.9リッター直2ターボの「ツインエア」を搭載。150台の限定販売で、価格は234万3600円。
ホームへ戻る