オープンのアバルト「500C」が誕生

2010.03.23 自動車ニュース
アバルト500C
オープンのアバルト「500C」が誕生

オープンのアバルト「500C」が誕生

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは2010年3月17日、新しいオープントップモデル「アバルト500C」の詳細を発表した。

 
オープンのアバルト「500C」が誕生

「アバルト500C」は、今年のジュネーブショーに出展された新たなオープンコンパクト。「フィアット500C」をベースに各種チューニングが施され、走りのアバルト仕様として生まれ変わったモデルだ。

具体的には、ボディ外周をぐるりと囲むエアスポイラーやサイドスカートで、走行中のダウンフォースを向上。ダイヤモンドポリッシュ仕上げの17インチアルミホイールや、ボンネットのラインでボディを上下に分かつツートーンの車体色でも個性を主張する。

そのハイライトは、クローズドボディ版「アバルト500」と共通の、ホットな1.4リッターターボエンジン。ただし、ECUのセッティングが異なるこちらは、アバルト500をさらに5ps上まわる140psを発生する。
トランスミッションには、オートマチックドライブができる2ペダル式の5段MTを用意。基本的な機構はフィアットのデュアロジックに通ずるが、パーツもコンピューターも変更を受け「アバルト コンペティション」なる名称で呼ばれる。センターコンソールにはシフトレバーが置かれず、変速はパドル操作のみとなる。

ひとたび屋根をあければ、ツインサイレンサーのエグゾーストノートを堪能しながら、本格的なスポーツドライブが楽しめるとうたわれる「アバルト500C」。時期は未定ながら、日本上陸はほぼ決定。価格は「アバルト500」よりやや高くなるものとみられる。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500Cの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • アバルト500/595コンペティツィオーネ/595Cツーリズモ【試乗記】 2013.2.8 試乗記 アバルト500(FF/5MT)/595コンペティツィオーネ(FF/5AT)/595Cツーリズモ(FF/5AT)
    ……269万円/344万円/364万円

    小さなハイパフォーマンスカー「アバルト500」に、新たな兄弟が続々登場。各モデルの走りを、サーキットで試した。
  • アバルト500(FF/5MT)【試乗記】 2009.10.15 試乗記 アバルト500(FF/5MT)
    ……295.0万円

    復活なった「アバルト500」に試乗した熊倉重春は、そのあまりの走りやすさに複雑な気持ちを抱くのだった。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
ホームへ戻る