【スペック】ポートフォリオ SWB:全長×全幅×全高=5112×1894×1448mm/ホイールベース=3032mm/車重=2300kg/駆動方式=FR/5リッターV8DOHC32バルブ(385ps/6500rpm、52.5kgm/3500rpm)/価格=1320.0万円

ジャガーXJシリーズ【海外試乗記】

ジャガーの“新しい世界” 2010.03.23 試乗記 ジャガーXJシリーズ

ジャガーの最上級サルーン「XJ」が、フルモデルチェンジ。モダンなボディをまとった新型の真価を、パリでいち早くチェックした。

ため息が出るほどに

大胆な変革を遂げた新しい「ジャガーXJ」の国際試乗会が行われたのは、珍しいことにフランスはパリ近郊。理由を聞いたスタッフは「SEXY CITY, SEXY CAR!」とウインクを返してきた。そのオールアルミ製ボディのデザインについては、昨秋の発表以来、賛否が渦巻いているが、個人的にはコレ、最高に気に入っている。

なるほど、たしかに文法的には、これまでのジャガーの文脈からは外れたと言えるかもしれない。しかしながら本来、その時代の先端をいく美しいクルマこそがジャガーだと言うならば、新型XJは、まさにジャガー以外の何者でもないと思わせる。特に今回、ロングボディのエレガントさにはあらためてため息が出てしまった。

インテリアの、ドアからダッシュボードまで連なるかたちでトリムがぐるりと取り囲む造形は、高級ボートの船室がモチーフ。リアクオーターピラーをブラックアウトしているのも、やはり高級ボートよろしく屋根をフローティングしているように見せるためである。仕立てはモダン。しかし、それでいてやはりイギリス車でしかあり得ない雰囲気が、そこには濃厚にある。XFもそうだったが、ようするにブリティッシュネスの現代的な解釈というわけだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XJの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入 2016.9.16 自動車ニュース ジャガーが「XJ」の2017年モデルを発表。新グレードとして「Rスポーツ」を設定したほか、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を全車に採用。スマートフォンを利用した空調の遠隔操作などを可能とする通信機能を初導入した。
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.4.28 試乗記 ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT) ……946万5000円/793万4650円 高級車という“直球勝負”に若干の気恥ずかしさが伴う時代だからこそ、正統派なサルーンに、それもカッコよく乗りたいものである! エンジンのダウンサイジングを済ませて、次世代に備えたジャガーサルーンにあらためて乗る。
  • 第7回:各ブランドのフラッグシップが集結!
    輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~
    2017.3.15 特集 JAIA輸入車試乗会の会場より、webCG編集部員が気になったクルマをリポート。今回は1000万円台の高級輸入車の中から、「BMW 7シリーズ」のPHVモデル、「テスラ・モデルX」「ジャガーXJR」「アウディRS 7」の走りをお届けする。
ホームへ戻る