第265回:大矢アキオの「喜びも悲しみもパリサロン」(前編)−VWグループの前夜祭にローマ帝国を見た

2012.10.05 エッセイ

第265回:大矢アキオの「喜びも悲しみもパリサロン」(前編)−フォルクスワーゲン・グループの前夜祭にローマ帝国を見た

「フォルクスワーゲングループナイト」のエントランスにて。
第265回:大矢アキオの「喜びも悲しみもパリサロン」(前編)−フォルクスワーゲン・グループの前夜祭にローマ帝…

完璧な舞台装置

2012年9月27日、パリモーターショーが報道関係者に公開された。その前日の26日、ボクはフォルクスワーゲン(VW)・グループが開催するプレビューイベント「フォルクスワーゲングループナイト」に参加した。

招待状に記された場所を見ると、セーヌ左岸の展示場「アール・フレッシネ」である。1927年に鉄道施設として建設されたアールデコ様式の建物だが、2009年のファッションウイークを機会に、イベント会場として第二の歴史を歩み始めた。

ボク自身は2012年2月、古典車ショー「レトロモビル」に合わせて開催されたボナムス社のオークションで、初めてこの場所を知った。建物の管理者がアピールする「映画撮影にも最適です」の言葉を信じれば、だだっ広いコンクリート打ちっぱなしの天井や廊下は、刑事物のラストにおける銃撃戦にぴったりだと感じた。

しかし、その晩アール・フレッシネに足を運んでみると、7カ月前のオークションの日とはまったく別の会場のようだった。一夜限りのものとはとても思えない、まるで常設劇場のようなステージと広い階段席が設置されていた。その日初めて足を運んだ人は、日頃のアール・フレッシネをまったく想像できなかったに違いない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。