【スペック】全長×全幅×全高=4710×1855×1390mm/ホイールベース=2810mm/車重=1710kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(211ps/4300-6000rpm、35.7kgm/1500-4200rpm)/価格=575.0万円(テスト車=698.0万円)

アウディA5スポーツバック(4WD/7AT)【ブリーフテスト】

アウディA5スポーツバック(4WD/7AT) 2010.03.19 試乗記 ……698.0万円
総合評価……★★★★

美しいスタイリングに機能性、居住性を併せ持つという「アウディA5スポーツバック」。その走りと実用性をじっくり確かめた。

らしさが際立つ

今、もっとも勢いがあるプレミアムブランド、アウディ。躍進の理由はいくつもあるが、すき間をすべて埋め尽くすような勢いのラインナップの拡充は、その中でも大きなポイントを占めているはずだ。幅広い顧客にアピールするという意味でもそうだし、ボリュームが増えてくれば「他人と違うクルマに乗りたい」というニーズに応えるべく新しい選択肢を用意する必要も出てくる。アウディは適切な時期に適切なモデルを投入し続けることで、見事、そのサイクルを拡大してきたわけである。
「A5スポーツバック」も、まさにそうした1台といえる。主力の「A4セダン/アバント」は当然、ますます台数を伸ばしており、かつてのように乗っているだけで優越感が得られるというものではなくなっている。しかし、だからといって2ドアの「A5クーペ/カブリオレ」には手が出ない。そんなユーザーがターゲットなのだ。
ハードウェアの完成度も、その狙いにうまくハマッている。似たようなところを狙ったか、すでに他ブランドには4ドアクーペも存在しているが、A5スポーツバックにはさらに、大きく開くテールゲートと広大な荷室という大きな武器がある。見た目にスタイリッシュで走りだってスポーティ。なのに後席に人を乗せる場合でもしっかり使えて、かつ、いざとなればアバントにも匹敵する収納力を見せつけるのだから、いいところを突いている。
あくまでニッチであり、それほどの台数を期待しているわけではないとアウディジャパンは明言しているが、立ち上がりは思いのほか良かったらしい。いまアウディを選んでいる人の趣向を考えれば、それも納得というものだ。
すきの無い市場リサーチ、鋭いコンセプト立て、そしてそれを具現する開発能力などなど、あらゆる面で今のアウディらしさが際立つA5スポーツバック。個人的に、もし「アウディ、どれ買ったらいい?」と相談されたら、まずはコレを薦めてみるだろう。

 
アウディA5スポーツバック(4WD/7AT)【ブリーフテスト】の画像
 
アウディA5スポーツバック(4WD/7AT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A5スポーツバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • 【ジュネーブショー2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を世界初公開 2017.3.8 自動車ニュース 独アウディがジュネーブショーで高性能スポーツクーペの新型「RS 5クーペ」を発表した。エンジンには新開発の2.9リッターV6ツインターボを搭載しており、0-100km/h加速が 3.9秒、最高速が280km/hという動力性能を実現している。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
ホームへ戻る