【スペック】α:全長×全幅×全高=4080×1740×1395mm/ホイールベース=2435mm/車重=1130kg/駆動方式=FF/1.5リッター 直4SOHC16バルブ(114ps/6000rpm、14.8kgm/4800rpm)、モーター(14ps/1500rpm、8.0kgm/1000rpm)/価格=249万8000円(テスト車=310万9500円/HDDインターナビシステム(リアワイドカメラ付き)+ETC車載器=28万6000円/本革シート=10万5000円/スカイルーフ=10万5000円/車体色(プレミアムホワイトパール)=3万1500円/前席用i-サイド&サイドカーテンエアバッグシステム=8万4000円)

ホンダCR-Z α(FF/6MT)/β(FF/CVT)【試乗速報】

アラフォーの春 2010.03.17 試乗記 ホンダCR-Z α(FF/6MT)/β(FF/CVT)
……310万9500円/255万4000円

「ハイブリッドカーなのにスポーツカー!?」 一見支離滅裂な新型車「ホンダCR-Z」にムチあてて、その“ホントのところ”をチェックしてみた。

懐かしい先進モデル

「ホンダCR-Z」は、タイムマシンみたいなクルマだった。小柄ながらカタマリ感のあるスタイルや清々しい乗り味は、1980年代後半の2代目“サイバー・スポーツ”「ホンダCR-X」を思い出させる。一方、インパネに表示されるエンジンとモーターの関係を意識しながら走らせると、新しいモノにふれる喜びを味わうことができる。だからCR-Zのステアリングホイールを握っていると、過去と未来を行ったり来たり。
もうひとつ面白かったのは、編集担当、カメラマン、ライターとも、“お買い物モード”になっていたことだ。取材班全員がこれだけ熱心にカタログを読み込む新型車は、ここ最近記憶にない。

パワートレインは1.5リッターのi-VTECエンジン+IMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)のみ。トランスミッションは6段MTとCVTが用意される。まずは豪華グレードの「α」(6MT)から試乗をスタート。

シート位置を合わせ、十分な調整幅を持つテレスコピック&チルト機構でステアリングホイールの位置を決めると、ドライビングポジションがビシッと決まる。着座位置はかなり低い。ちなみに、ドライバーのヒップポジションは「シビック タイプR」よりさらに30mm低いという。

削り出しのアルミにレザーを巻いたαのシフトノブは手触りがよく、コクンと入る手応えもいい。6段MTは、1.8リッターの欧州仕様のシビック用をベースにしたもの。ただしスターターの位置が違うため、設計はほぼ全面的に見直されている。

「低・短・ワイド」をモットーとする「ホンダCR-Z」。5ドアのハイブリッドモデル「インサイト」と比べると、310mm短く、45mm幅広く、30mm低い。
「低・短・ワイド」をモットーとする「ホンダCR-Z」。5ドアのハイブリッドモデル「インサイト」と比べると、310mm短く、45mm幅広く、30mm低い。
ツートーンカラーで軽快感を演出したという運転席まわり。スイッチ類をステアリングホイール付近に集中させるなど、機能面も配慮がなされる。(写真はCVTモデルのもの)
ツートーンカラーで軽快感を演出したという運転席まわり。スイッチ類をステアリングホイール付近に集中させるなど、機能面も配慮がなされる。(写真はCVTモデルのもの)
マニュアルトランスミッションが選べるのも「CR-Z」の大きな特徴。「スッと動きカチッと納まるフィーリング」をウリとする。
マニュアルトランスミッションが選べるのも「CR-Z」の大きな特徴。「スッと動きカチッと納まるフィーリング」をウリとする。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CR-Zの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・無限CR-Z 2010.9.6 画像・写真 無限が開発した専用パーツをフル装備した「ホンダCR-Z」の姿を写真で紹介する。
  • ホンダCR-Z α・Black label(FF/6MT)【試乗記】 2011.10.11 試乗記 ホンダCR-Z α・Black label(FF/6MT)
    279万6000円

    「ホンダCR-Z」の新グレード「α・Black label」に試乗し、ハイブリッドスポーツカーの存在意義をあらためて考えた。
  • ホンダCR-Z MUGEN RZ(FF/6MT)【試乗記】 2013.4.12 試乗記 ホンダCR-Z MUGEN RZ(FF/6MT)
    ……449万4000円

    「ホンダCR-Z」をベースとする、300台限定のコンプリートカー「MUGEN RZ」に試乗。無限のスペシャルチューンで、“ハイブリッドスポーツ”の走りはどう変わったのか?
  • ホンダCR-Z α(FF/CVT)【動画試乗記】 2010.5.26 試乗記 ホンダCR-Z α(FF/CVT)
    ……281万5500円

    ホンダの最新ハイブリッドスポーツ「CR-Z」と、1980年代の名車「CR-X」を乗り比べ、2台に共通する“ホンダイズム”を探ってみた。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
ホームへ戻る