「ベントレー・ミュルザンヌ」、日本デビュー

2010.03.16 自動車ニュース

ベントレーの新たな旗艦「ミュルザンヌ」、発進

ベントレーモーターズジャパンは2010年3月16日、新型車「ベントレー・ミュルザンヌ」を日本でデビューさせた。

■生粋のベントレー

2009年8月、アメリカはカリフォルニア州モントレーで初披露された新型ベントレーが、このたび日本に導入されることとなった。

その名は、プロトタイプ名「グランドベントレー」改め、「ミュルザンヌ」。同社が過去6度の勝利をおさめたルマン24時間耐久レースの舞台、サルトサーキットのミュルザンヌコーナーにあやかるもので、「エレガントであると同時に、スポーティ」と主張する、新たなフラッグシップモデルである。
ホワイトボディーをドイツから輸送して組み立てられる既存の「コンチネンタル」シリーズと異なり、デザインから設計までの全てを英国はクルーの本社が手がけるこちらは、いわば“生粋のベントレー”。顧客のオーダーにしたがって手作業で組み上げられる超高級な内外装と、512psの心臓がもたらすパフォーマンスが見どころだ。

価格も最高級で、3380.0万円(受注生産)から。日本では今年7月に受注が始まり、デリバリー開始は2011年初頭が予定されている。

■選べない色はない

最新モデルでありながら、デザインは1950年代のベントレー「Sタイプ」に影響されたという「ミュルザンヌ」。長大なボンネットやテールに向かってなだらかに落ちるリア周りなど、そのシルエットは過去のベントレー車を思わせる。大きなグリルもしかりだが、その両脇でパッチリと見開かれる大小の丸目ランプが個性を主張。リアは、楕円型のランプやマフラーエンドが用いられ、現行の他ベントレー車と足並みをそろえる。

全長×全幅×全高=5575×1926×1521mm(ホイールベース=3266mm)の堂々たるボディの色は、全114色(!)のカラーパレットから選択可能。さらなるオーダーにも対応する。車内のほうも、シートだけで標準24色+オーダーという内容。左右対称の木目でそろえたウッドパネルや、手仕事で磨き上げたステンレス製パーツ、さらにガラス製のスイッチ類と、素材から徹底的なこだわりを見せる。
カーナビゲーションシステムやマルチメディアといった快適装備の充実も、いわずもがな。とくにオーディオは、標準で14スピーカー、オプションで2200ワットのアンプと組まれる20スピーカーシステムが自慢である。

■最新の、伝統の心臓

「英国の高級自動車の頂点に君臨するベントレーを創り出す」をコンセプトに掲げるミュルザンヌは、動力性能も堂々たるものだ。
エンジンには、ツインターボの6.75リッターV8ユニットを採用。同社になじみのあるV8エンジンに徹底改良を加えたというこの512psの心臓は、わずか1800rpmで104.0kgm(!)の最大トルクを搾り出せるのが最大の特徴である。
車重2585kgの巨体にも関わらず、シフトパドル付きの8段ATを介しひとたびムチをあてれば、停止状態から5.3秒で100km/hに到達。そのまま296km/hまで加速できる。

可変カム位相システムや、ベントレー初となる可変シリンダーシステムも注目のポイント。クルージングの際は、8気筒の半分を休止させV4エンジンとし、燃費をかせぐ。

■走りもお気に召すまま

大きなパワーとトルクに対応するため、シャシーは新開発された。
足まわりは、連続可変式ダンピングコントロールを備えるエアサスペンションを採用。 路面状況にあわせて、シフトレバー横のスイッチを操作すれば、そのサスペンションやパワーステアリングの特性を変化させることができる(「ダイナミックドライバーコントロールシステム」)。
走りのメニューは、「ベントレー」「スポーツ」「コンフォート」に、「カスタムモード」を加えた4種類。内外装のオーダーに留まらず、ドライバー好みの走りに対応。「ビジネスシーンでは快適さを作り出し、オフではスポーティドライブを楽しめる、完璧なまでに現代的なフラッグシップカー」(プレスリリース)に仕上がっているという。

(webCG 関)

「ベントレー・ミュルザンヌ」
「ベントレー・ミュルザンヌ」 拡大
「伝統的なデザインキューに新しい現代的なラインをブレンドした」という伸びやかなフォルムをもつミュルザンヌ。ホイールは標準で20インチ、オプションで21インチも用意される。
「伝統的なデザインキューに新しい現代的なラインをブレンドした」という伸びやかなフォルムをもつミュルザンヌ。ホイールは標準で20インチ、オプションで21インチも用意される。 拡大

「ベントレー・ミュルザンヌ」、日本デビューの画像 拡大
額縁のようにウッドが車内を一周するインテリア。ベントレーの伝統どおり、中央を境に木目は左右対称となる。
額縁のようにウッドが車内を一周するインテリア。ベントレーの伝統どおり、中央を境に木目は左右対称となる。 拡大
低回転域から強大なトルクを得るべく、ミュルザンヌの心臓にはあえてV8ユニットが選ばれた。
低回転域から強大なトルクを得るべく、ミュルザンヌの心臓にはあえてV8ユニットが選ばれた。 拡大
リアビュー。コンビランプやマフラーエンドは、「コンチネンタル」シリーズとおそろいで、楕円形がモチーフになっている。
リアビュー。コンビランプやマフラーエンドは、「コンチネンタル」シリーズとおそろいで、楕円形がモチーフになっている。 拡大

関連キーワード:
ミュルザンヌベントレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ベントレー・ベンテイガV8(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.1 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」のラインナップに加わった4リッターV8モデルが日本に上陸。W12とのパワー差は58ps。その走りには、どんな違いがあるのか? 2台を比較し、「V8」を選ぶ理由について考えた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • アストンの新型フラッグシップ「DBSスーパーレッジェーラ」上陸 2018.6.27 自動車ニュース アストンマーティン・ジャパンは2018年6月27日、高性能スポーツカー「DBSスーパーレッジェーラ」の日本導入を発表した。最高出力は725psで0-100km/h加速は3.4秒。ベースとなる「DB11」より大幅なパフォーマンス向上が図られている。
ホームへ戻る