プジョー、「308CC」に6段AT搭載

2010.03.15 自動車ニュース

「プジョー308CC」がエンジン、トランスミッションをリニューアル

プジョー・シトロエン・ジャポンは、新たに6段ATを搭載した「プジョー308CC」の予約受付を、2010年3月17日に開始する。

■「ユーロ5」に対応

2009年6月に日本に導入された、「308」シリーズのクーペカブリオレ「308CC」は、1.6リッターターボエンジンに4段ATという組み合わせだったが、このたびパワートレインに手が加えられた。

トランスミッションは4段ATから、6段ATに多段化。同社が「第2世代型」と呼ぶ、このオートマチックトランスミッションは、メカニカルロスを抑えながら、静粛性も高められたという。さらに2速から6速のロックアップ領域も拡大し、ダイレクトなドライブフィールとクイックなシフトレスポンスを実現したとうたわれる。なお、この第2世代トランスミッションは、「308CC」を皮切りに、他の308シリーズにも順次採用車種を増やしていくとのこと。

今回の変更では、エンジンも従来の140psから156psにパワーアップ。加えて、欧州排ガス規制「ユーロ5」に対応する排ガスレベルも手に入れた。
さらにベーシックグレードの「プレミアム」では、タイヤサイズが16インチから17インチに拡大されるなどの変更も行われている。

価格は「308CC プレミアム」が420.0万円、「308CC グリフ」が460.0万円。デリバリーは2010年夏ごろに始まる予定だ。

(webCG 本諏訪)

 
プジョー、「308CC」に6段AT搭載の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

308CCの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308CC グリフ(FF/4AT)【試乗記】 2009.8.14 試乗記 プジョー308CC グリフ(FF/4AT)
    ……455.0万円

    プジョーの4人乗りオープン「308CC」。実用的でオシャレなクーペ・カブリオレに試乗して一番心に残ったのは、屋根が開くところではなく……。
  • 「プジョー308CC」新型6ATを搭載、燃費も向上 2010.5.10 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2010年5月7日、新型6ATを搭載するなどドライブトレインが一新された308シリーズのオープンモデル、新「308CC」の販売を開始した。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る