プジョー、「308CC」に6段AT搭載

2010.03.15 自動車ニュース

「プジョー308CC」がエンジン、トランスミッションをリニューアル

プジョー・シトロエン・ジャポンは、新たに6段ATを搭載した「プジョー308CC」の予約受付を、2010年3月17日に開始する。

■「ユーロ5」に対応

2009年6月に日本に導入された、「308」シリーズのクーペカブリオレ「308CC」は、1.6リッターターボエンジンに4段ATという組み合わせだったが、このたびパワートレインに手が加えられた。

トランスミッションは4段ATから、6段ATに多段化。同社が「第2世代型」と呼ぶ、このオートマチックトランスミッションは、メカニカルロスを抑えながら、静粛性も高められたという。さらに2速から6速のロックアップ領域も拡大し、ダイレクトなドライブフィールとクイックなシフトレスポンスを実現したとうたわれる。なお、この第2世代トランスミッションは、「308CC」を皮切りに、他の308シリーズにも順次採用車種を増やしていくとのこと。

今回の変更では、エンジンも従来の140psから156psにパワーアップ。加えて、欧州排ガス規制「ユーロ5」に対応する排ガスレベルも手に入れた。
さらにベーシックグレードの「プレミアム」では、タイヤサイズが16インチから17インチに拡大されるなどの変更も行われている。

価格は「308CC プレミアム」が420.0万円、「308CC グリフ」が460.0万円。デリバリーは2010年夏ごろに始まる予定だ。

(webCG 本諏訪)

 
プジョー、「308CC」に6段AT搭載の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

308CCの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308CC プレミアム(FF/4AT)【試乗速報】 2009.5.18 試乗記 プジョー308CC プレミアム(FF/4AT) ……420.0万円

    まもなく日本での販売が開始される「プジョー308CC」に初試乗。そのスタイルと存在感に強烈な個性を感じさせる新型オープンモデルの走りやいかに。
  • プジョー308CCに全仏オープン公認の限定車 2013.5.22 自動車ニュース プジョーから全仏オープンテニス公認の限定車「308CC ローランギャロス」が登場した。
  • プジョーRCZ RHD 6AT(FF/6AT)/LHD 6MT(FF/6MT)【試乗記】 2010.9.2 試乗記 プジョーRCZ RHD 6AT(FF/6AT)/LHD 6MT(FF/6MT)
    ……399.0万円/423.0万円

    いよいよデリバリーが始まった、プジョーのコンパクトスポーツクーペ「RCZ」。エンジンの異なる2グレードに試乗し、その違いを探った。
  • レクサスLC500h 2017.3.16 画像・写真 新世代レクサスの変革を象徴するフラッグシップクーペ「LC」がデビュー。このうち、3.5リッターV6エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドバージョン「レクサスLC500h」の姿を写真で紹介する。
  • 【ジュネーブショー2017】ルノーが新型「アルピーヌA110」を世界初公開 2017.3.9 自動車ニュース ルノーがミドシップの小型スポーツカー「アルピーヌA110」をジュネーブショーで世界初公開した。1970年代に活躍した同名のスポーツカーのリバイバルモデルであり、欧州では2017年の後半に、日本とイギリスでは2018年に発売される。
ホームへ戻る