【スペック】全長×全幅×全高=4615×1835×1405mm/ホイールベース=2640mm/車重=1730kg/駆動方式=FF/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ(230ps/5000rpm、32.6kgm/1500-5000rpm)/価格=549.0万円(テスト車=589.0万円/ラグジュアリーパッケージ=40.0万円)

ボルボC70 T5 GT(FF/5AT)【試乗速報】

ココロは晴れやか 2010.03.15 試乗記 ボルボC70 T5 GT(FF/5AT)
……589.0万円

いちばん優雅なボルボ、4座オープンの「C70」がフェイスリフト。あいにくの雨の試乗でリポーターが気付いたのは……。

雨にも凹(へこ)まず

カブリオレに試乗するときほど、天気が心配なことはない。このクルマの場合も、試乗会を前にこまめに天気予報をチェックし、なんとか曇りで済めばいいなと願っていた。しかし、試乗会当日は無情にも雨。オープンカーが大好きで、1秒でも長くルーフを開けておきたい私だけに、いつもなら相当凹(へこ)むところだが、意外に穏やかな気持ちで過ごせたのはなぜか?

おそらく、クーペ状態の「C70」があまりに心地よかったからだろう。カブリオレには、オープンのときはとても爽快でも、屋根を閉めると息苦しい雰囲気になったり、ノイズがこもってうるさかったり……というクルマが珍しくない。ところがこのC70は、クーペで走ることがストレスにならないのだ。もしも、ほとんどルーフを開けたことがないというオーナーがいたとしても、C70なら納得できる。

紹介が遅れたが、今回試乗したのは、ボルボのクーペ・カブリオレモデルの新型C70。新型といってもマイナーチェンジなのだが、次期型「S60」や最新の「C30」に通じる新しいフロントフェイスが、これまでとは大きく印象を変えている。LEDをあしらったリアコンビネーションランプも、新鮮さをアピール。フルモデルチェンジといわれたら、信じてしまいそうだ。

本革シートが標準装備の「C70」。シートカラーはカルサイトクリーム、カカオ、オフブラックの3色から選べる。インテリアカラーは、オフブラックとブラウン/ベージュの2色で、組み合わせは自由。テスト車はオフブラックインテリアにオプションのプレミアムソフトレザー(カカオ色)が組み合わされていた。
本革シートが標準装備の「C70」。シートカラーはカルサイトクリーム、カカオ、オフブラックの3色から選べる。インテリアカラーは、オフブラックとブラウン/ベージュの2色で、組み合わせは自由。テスト車はオフブラックインテリアにオプションのプレミアムソフトレザー(カカオ色)が組み合わされていた。
ボルボC70 T5 GT(FF/5AT)【試乗速報】の画像
関連記事
  • ボルボC70 T5 GT(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2010.4.19 試乗記 ……589.0万円
    総合評価……★★★★★

    大がかりなお化粧直しで見た目が変わった「ボルボC70」。その走りと乗り心地はどうなった? “ぜいたくオプション”装備モデルで試した。
  • ボルボC70(FF/5AT)/C70 T-5(FF/5AT)【試乗記】 2007.2.16 試乗記 ボルボC70(FF/5AT)/C70 T-5(FF/5AT)
    ……518万4000円/614万4000円

    フルモデルチェンジを果たした「C70」は、電動ハードトップを採用したクーペカブリオレとなった。2つのエンジンを乗り比べ、軍配が上がったオススメグレードは……?
  • ボルボC70(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2007.3.30 試乗記 ……518万4000円
    総合評価……★★★★★

    「ボルボ」のオープンモデル「C70」が発売された。春は目前、流行のクーペカブリオレスタイルになった新型を、市街地を中心に試した。
  • 「ボルボC70」がマイナーチェンジ イメージ一新 2010.3.12 自動車ニュース ボルボのオープン「C70」がマイナーチェンジ。2010年4月24日に日本で発売される。
  • CC化した新型4シーターオープン「ボルボC70」、予約受付スタート 2006.12.19 自動車ニュース ボルボ・カーズ・ジャパンは、3分割リトラクタブル・ハードトップを備えた4シーターオープン、新型「ボルボC70」の予約注文受付を、2006年12月20日からスタートする。
  • ボルボ「V50」「S60」「C70」の2009年モデル発売 2008.8.20 自動車ニュース ボルボ・カーズ・ジャパンは、「V50」「S60」「C70」それぞれの2009年モデルを、2008年8月20日から販売開始する。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • マツダCX-3 XDツーリング Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2016.2.4 試乗記 「マツダCX-3」が発売から1年足らずでマイナーチェンジを受けた。その見どころは、静粛性の強化と「人馬一体感」の向上。最上級グレード「XDツーリング Lパッケージ」の試乗を通じて、その進化のほどを確かめた。
  • マツダCX-3 XDツーリング Lパッケージ(4WD/6AT)/アテンザセダンXD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.6 試乗記 クリーンディーゼルエンジンに4WDシステムを組み合わせるマツダの2台、「CX-3」と「アテンザセダン」に試乗。東京から紅葉まっさかりの裏磐梯までを往復する800kmのロングツーリングを通して、4WDツアラーがもたらす走りの質を確かめた。
  • トヨタ、アベンシスをマイナーチェンジ 2015.10.5 自動車ニュース トヨタが「アベンシス」をマイナーチェンジ。よりシャープなフロントデザインを採用したほか、インストゥルメントパネルまわりの意匠を一新した。同時に安全装備も強化しており、全車に「Toyota Safety Sense C」を搭載。燃費もJC08モード計測で14.6km/リッターに高めている。
ホームへ戻る