「モデルチェンジ直後のクルマは買わないほうがいい?」

2010.03.13 クルマ生活Q&A その他

「モデルチェンジ直後のクルマは買わないほうがいい?」

新型「日産フーガ」の購入を考えているのですが、フルモデルチェンジしたクルマはマイナーチェンジするまで買わないほうがいいと知人に言われました。なんでもマイナーチェンジした後なら、不具合が改善されているからだそうです。本当なのでしょうか?

お答えします。お知り合いのような考え方は、昔からあります。似たような理屈で、フルモデルチェンジ直前のモデルサイクル末期のクルマは、それまでに出た不具合がすべて解消されているため、もっとも完成度が高いという意見もあります。

いっぽうそれらとは逆に、フルモデルチェンジした直後の初期型がもっともコストがかけられているから良い、という意見もあります。
たとえば初期モデルのある部品が、4本のボルトで留められていたとしましょう。それが時間の経過とともに4本は過剰品質で3本で十分と判断され、設計変更により減らされてしまうようなこともあります。つまり、マイナーチェンジの度にコストダウンが進められていくとも考えられるのです。

加えて、好みの問題ではありますが、スタイリングについていえば初期モデルがもっともオリジナルな姿であることは間違いありません。個人的には、マイナーチェンジで初期型よりカッコよくなった例は、ほとんどないと思っています。
また最近のクルマに多用されている電子制御に関しては、ソフトウェア上の不具合ならば、ディーラーで最新モデルと同様のアップデートが可能な場合もあります。

長くなりましたが、モデルチェンジ直後に買うのも、マイナーチェンジを経てから買うのも、一長一短だと思います。もう一度、ご自分でよく考えてみてください。