【スペック】全長×全幅×全高=4460×1745×1490mm/ホイールベース=2700mm/車重=1490kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(99ps/5200rpm、14.5kgm/4000rpm)+交流同期電動機(82ps、21.1kgm)/参考価格=525.0万円

トヨタ・プリウス プラグインハイブリッド(FF/CVT)【試乗記】

潜在能力に期待 2010.03.12 試乗記 トヨタ・プリウス プラグインハイブリッド(FF/CVT)【短評】
……525.0万円(参考価格)

家庭用のコンセントで充電できる「プラグインハイブリッド(PHV)」の「プリウス」が登場。市街地、高速道路など、日常使いを想定しての試乗でわかったことは……。

20km以内ならEVで

2009年12月、官公庁や自治体、電力会社など特定利用者向けのリース販売が始まった「プリウス プラグインハイブリッド(PHV)」には、これまで2度試乗した。最初はメーカー主催の報道向け試乗会で、東京ドーム近くのトヨタ東京本社と、お台場にあるショールーム「メガウェブ」を往復するという内容だった。
行きは主に首都高速を使い、17kmのほとんどをモーターだけで走り切った。帰りはフル充電でなかったにもかかわらず、13kmと距離的に短い一般道を使ったので、すべてをEV走行でこなしたうえに、2km分の電力を残していた。

ただ、走行距離が20km足らずで出発地でも目的地でも充電が可能というのは、都市部に住む一般ユーザーの目線で見れば、かなり恵まれた条件といえる。
自宅や会社の駐車場にコンセントがない人は都内には多いし、移動のほとんどが20km以内というユーザーも少数に思える。だから、この試乗会だけでプリウスPHVの評価を下すのは早計だと思っていた。

そこへいくと今回の取材は、より現実に近かった。東京と湘南の往復で、距離は片道約70kmに達し、目的地での充電は不可能。都内に住み、試乗会などで湘南や箱根に出かける機会の多い自分の行動パターンに似ていた。
そんなステージでのプリウスPHVの印象は、やはりというべきか、お台場往復のときとは少し違っていた。

「充電インレット」は左フロントフェンダーに設けられる。
トヨタ・プリウス プラグインハイブリッド(FF/CVT)【短評】
 
トヨタ・プリウス プラグインハイブリッド(FF/CVT)【短評】
 
トヨタ・プリウス プラグインハイブリッド(FF/CVT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスPHVの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プリウスPHV(FF/CVT)【試乗記】 2016.8.27 試乗記 国内での発売が待たれる新型「プリウスPHV」に、サーキットで試乗。トヨタがハイブリッド車につぐ「次世代環境車の柱」と位置づける、プラグインハイブリッド車の乗り心地や使い勝手を報告する。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る