メルセデスAMG、新世代エンジンを発表

2010.03.11 自動車ニュース

メルセデスAMG、ダウンサイジングした新世代エンジンを発表

独メルセデスAMGは、新世代のV8 5.5リッターツインターボエンジンを発表した。

■6.2リッターV8の代替ユニット

メルセデスAMGは、主要AMGモデルに搭載を予定している新世代V8エンジンを発表した。新たに開発されたのは、既存の6.2リッターV8に代わる、5.5リッターV8ツインターボユニット。排気量を6208ccから5461ccにダウンサイジングしつつ、ふたつのターボチャージャーで過給を加えることで、従来ユニットを上回る出力値と最大25%程度の燃費向上を両立させたのがウリだ。

過給機付きから大排気量NA、そしてまた過給機付き……と、ここ10年ほどでめまぐるしく変化している感のあるAMGエンジンだが、今回の型式変更の最大の狙いは、いうまでもなく燃費向上とCO2排出量低減。メルセデスAMGは、“AMGパフォーマンス2015”とコミットメントを掲げ、その中でパワフルなエンジン特性を維持しながら、環境性能を向上させる製品開発を行うことをうたっている。それを実現するためのソリューションが、小排気量化+過給機追加というわけだ。

メルセデス社内で“M157”という開発コードで呼ばれるこのエンジンの燃料消費量は、「S63 AMG」に搭載した場合で、100km走行あたり10.5リッター(約9.5km/リッター)。この数値は従来の6.2リッターモデルより3.9リッター/100km少なく、約25%の燃費向上にあたる。CO2排出量は246g/kmと、従来比で28.5%低減する。

主な燃費向上策は、スプレーガイデッド直噴システムの採用、スタート/ストップ(アイドリングストップ)機能の採用など。トランスミッションはこれまでと同様、MCT-7(7段AT)が組み合わされる。

「S63 AMG」のスペックは、最高出力544hp/5500rpm、最大トルク81.6kgm/2000-4500rpm。オプション設定される「AMGパフォーマンスパッケージ」を選択すると、ターボのブースト圧アップなどのチューンが施され、スペックは571hp/5500rpm、最大トルク91.8kgm/2500-3750rpmとなる。

0-100km/h加速と最高速度(リミッター設定速度)は、「S63 AMG」が4.5秒と250km/h、「S63 AMGスポーツパッケージ装着車」は4.4秒と300km/hと公表される。

(webCG 曽宮)

「メルセデス・ベンツS63 AMG」
「メルセデス・ベンツS63 AMG」

メルセデスAMG、新世代エンジンを発表の画像

メルセデスAMG、新世代エンジンを発表の画像

メルセデスAMG、新世代エンジンを発表の画像

関連キーワード:
Sクラス セダンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.20 試乗記 最高出力600psオーバーのターボエンジンを搭載する「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。メルセデスが送り出してきたミッドサイズセダンの中で最速とされる、高性能モデルの走りを報告する。
  • メルセデス・ベンツE350eアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.12.1 試乗記 「メルセデス・ベンツEクラス」のバリエーションがまたひとつ広がった。Eクラス初となるプラグインハイブリッド車「E350eアバンギャルド スポーツ」のパワーユニットは2リッター直4ターボ+モーター。その走りはいかなるものなのか。
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記
  • メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン(4WD/9AT)... 2017.11.29 試乗記