メルセデス「Gクラス」、小変更で快適性アップ

2010.03.11 自動車ニュース

メルセデス「Gクラス」、小変更で快適性アップ

メルセデス・ベンツ日本は、「Gクラス」に小変更を施し、2010年3月3日に発売した。

「Gクラス」は、30年以上も基本設計を変えない、メルセデス・ベンツ伝統のクロスカントリーモデルだ。

今回の小変更では、前席肩口の張り出しを大きくして乗員のホールド性をアップ。電動のランバーサポートも採用したことで、長距離ドライブでの疲労を軽減するという。
ほか、手持ちの携帯音楽プレーヤーを接続し、クルマ側の操作でコントロールできるシステムも採用。スーパーチャージャー付きのV8エンジンを搭載する「G55 AMG ロング」にはさらに、本革をふんだんに用いたダッシュボードや、間接照明付きのドアトリムも装備される。

価格は、「G550 ロング」が1340.0万円で、「G55 AMG ロング」が1780.0万円。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
  • 「メルセデスAMG G63」に右ハンドル仕様が登場 2017.6.7 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年6月7日、「メルセデスAMG G63」に右ハンドル仕様を追加設定し、販売を開始した。同社がAMGモデルの販売を始めた2001年以降で、「Gクラス」のAMGモデルとしては初の右ハンドル仕様となる。価格は1971万円。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【海外試乗記】 2017.6.6 試乗記 2代目となる新型「MINIクロスオーバー」に、プラグインハイブリッド車(PHV)の「クーパーS E ALL4」が登場。1.5リッター直3ターボエンジンと電動モーターが織り成す走りを、スペイン・バルセロナで試した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る