メルセデス「Gクラス」、小変更で快適性アップ

2010.03.11 自動車ニュース

メルセデス「Gクラス」、小変更で快適性アップ

メルセデス・ベンツ日本は、「Gクラス」に小変更を施し、2010年3月3日に発売した。

「Gクラス」は、30年以上も基本設計を変えない、メルセデス・ベンツ伝統のクロスカントリーモデルだ。

今回の小変更では、前席肩口の張り出しを大きくして乗員のホールド性をアップ。電動のランバーサポートも採用したことで、長距離ドライブでの疲労を軽減するという。
ほか、手持ちの携帯音楽プレーヤーを接続し、クルマ側の操作でコントロールできるシステムも採用。スーパーチャージャー付きのV8エンジンを搭載する「G55 AMG ロング」にはさらに、本革をふんだんに用いたダッシュボードや、間接照明付きのドアトリムも装備される。

価格は、「G550 ロング」が1340.0万円で、「G55 AMG ロング」が1780.0万円。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Gクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る